無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

希望ヶ丘での出会い1
351
2020/11/12 03:11
コメントを締め切らせて頂きました。2通だけでしたが、返信があり何方も出して欲しいとの事なので、幼馴染を登場させます。

それでは本編をどうぞ。­­
ー希望ヶ丘地区 鬼頭那霊園ー

楓士雄を迎えに行った足で希望ヶ丘地区へと戻って来た真也達は、原沢商店へ向かう前に鬼頭那霊園へとやって来た。
ヤマト
ヤマト
此処が鬼頭那霊園か?
九世亮太
九世亮太
はい。 とは言え僕も初めて来ましたが・・・
正也
正也
まあ、葬儀にも出られなかったからな・・・知らないのも無理はねーよ。
と言いながら霊園内を歩きサダ婆が眠っているお墓まで案内した。
暫く歩いて・・・
真也
真也
着いたで。
そう言って足を止めた場所を見るとそこには原沢家の墓と書かれた墓石が建っていた。
コブラ
コブラ
此処にお世話になったお婆さんが眠ってるのか?
とコブラが尋ねた。
正也
正也
ああ。 サダ婆、亮太が来てくれたぜ。
正也はそう言って墓石に声をかけた。 真也達の後ろから付いてきていた亮太は墓石の前にしゃがんで手を合わせると目を閉じて挨拶した。
九世亮太
九世亮太
(お婆ちゃん、ゴメンね。葬儀に来れなくて僕もお姉ちゃんも元気だから空の上で見守っててね。)
そう挨拶を終えると閉じていた目を開けた。
真也
真也
終わったか?
九世亮太
九世亮太
うん。
正也
正也
良し。 行くか。
正也の言葉を受けて一同は霊園を後にして原沢商店へと向かった。
ー原沢商店ー

鬼頭那霊園を後にした一同は再び真也達の案内で商店街にある原沢商店へとやって来た。
ノボル
ノボル
此処?
正也
正也
ああ。
そう返事を返すと正也は引き戸を開けた。すると・・・
桐原誠司
桐原誠司
おかえり。
と声を掛けられた。
九世亮太
九世亮太
誠司君、久しぶり。
桐原誠司
桐原誠司
もしかして亮太?
九世亮太
九世亮太
うん。
正也
正也
誠司が居るってことは・・・
石井マドカ
石井マドカ
同時に)あたし達も居るわよ。
前川新太
前川新太
同時に)俺達も居るよ。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
おめーらも居たのかよ。
九世亮太
九世亮太
何だかんだで皆集まってたんだね。
石井マドカ
石井マドカ
此処はあたし達にとっても第2の家だしね。
九世亮太
九世亮太
(​ *´꒳`*​)確かにね。
幼馴染達のやり取りを見ていた山王連合会の面々は・・・
ダン
ダン
第2の家?どういう事やろか?
ノボル
ノボル
ITOKANで言ってただろ?亮太くん達は鍵っ子で学校が終われば団地前のこの店でお婆さんに可愛がってもらってたって。
ヤマト
ヤマト
そう言えばそうだったな。
前川新太
前川新太
亮太が居るってことは栞理さんや龍範さんも一緒に居るの?
新太がそう尋ねると亮太は肩を竦めて言った。
九世亮太
九世亮太
お姉ちゃんは一緒に出て来て隣町にいるんだけど、兄貴は・・・
前川新太
前川新太
隣町って言うとSWORD地区?
九世亮太
九世亮太
うん。
石井マドカ
石井マドカ
今濁したよね?龍範さんに何かあったの?
正也
正也
ちょっとした厄介事を起こしてくれたんだよ。
桐原誠司
桐原誠司
厄介事?少し気になるけど先ずは腹ごしらえしなきゃでしょ。その為に来てる訳なんだし。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
だな。

ユキちゃーん!
ユキちゃん
ユキちゃん
はーい!
と返事を返しながら出て来た女性は亮太を見て・・・
ユキちゃん
ユキちゃん
亮太!?久しぶり!元気だった?
と声を掛けた。
九世亮太
九世亮太
元気、元気。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
ユキちゃん・・・そのセリフ デジャブなんだけど・・・
九世亮太
九世亮太
そうなの?
花岡楓士雄
花岡楓士雄
ああ。俺が帰って来た時も同じセリフを言ってたからな。
真也
真也
そうやったね。
ユキちゃん
ユキちゃん
で、どうするの?
正也
正也
そうだな・・・
と全員が壁に貼られているメニューを見ながら注文を済ませ食べ終えた。
食べ終えたところで・・・
桐原誠司
桐原誠司
さて、食べる前に言ってた厄介事って何があったのか聞かせてくれる?
と誠司が聞いてきた。
九世亮太
九世亮太
九龍グループ この名前に見覚え或いは聞き覚えはある?
石井マドカ
石井マドカ
九龍グループって確か日本の裏社会を牛耳ってた極道グループよね?
桐原誠司
桐原誠司
うん。確か壊滅したって新聞で見たけど・・・?
正也
正也
再結成されたんだよ。
前川新太
前川新太
再結成って・・・誰が総裁に?
石井マドカ
石井マドカ
ねえ、前の総裁って確か亮太達のお爺さんだったよね?て事は・・・
花岡楓士雄
花岡楓士雄
そう。今度は兄貴って訳さ。
コブラ
コブラ
だから俺達に助けを求めに来たって訳だ。
桐原誠司
桐原誠司
失礼ですが、貴方達は?
ノボル
ノボル
コブラ、まずは自己紹介しないと皆ビックリするだろ?
コブラ
コブラ
そうだな。 驚かせて悪かった。

俺はコブラ。 本名もあるが皆コブラって呼ぶから良かったらそう呼んでくれ。
とコブラが自己紹介をしたのを皮切りにオロチ兄弟と亮太を除く全員が自己紹介をした。 自己紹介が終わると・・・
前川新太
前川新太
あの、さっき助けを求めに来たって言ってましたけど、あのグループと関わりがあるんですか?
と新太が尋ねた。
チハル
チハル
しいちゃんのお爺さんが総裁だった時に俺らはグループと抗争してね。
桐原誠司
桐原誠司
新聞で見ました。確か、無名街という場所にカジノの建設をしようとしてたって・・・
花岡楓士雄
花岡楓士雄
そう。無名街で昔公害があって、それを隠蔽する為にカジノの建設を進めようとしてたみたいなんだが・・・
ヤマト
ヤマト
俺達が隠された証拠を突き付けてカジノ建設計画を白紙にしたんだよ。
石井マドカ
石井マドカ
そうだったんですね・・・龍範さん昔は優しかったのに何がそうさせたんだろう・・・
とマドカは、壁に貼られていた2枚の写真を見ながら言った。
正也
正也
動機なら分かってるんだけどな。
前川新太
前川新太
動機?何なの?
と尋ねた新太に答えたのはダンだった。
ダン
ダン
俺達への復讐や。
桐原誠司
桐原誠司
復讐って・・・皆さんは隠されていた事実を暴いただけですよね?
チハル
チハル
うん・・・
石井マドカ
石井マドカ
カジノ建設ってものすごく莫大な費用がかかりますよね?どうやって捻出してたんだろう・・・
正也
正也
計画に賛成していた警察幹部や大企業の社長、それに政治家による闇献金さ。
前川新太
前川新太
闇献金・・・そんな事をしてまでカジノを建てたかったのかな?
九世亮太
九世亮太
まあ、無名街には日本政府が転覆しかねない重大な証拠があるからね・・・
桐原誠司
桐原誠司
日本政府が転覆しかねない重大な証拠?
正也
正也
おう。
そう返事を返すと楓士雄にも聞かせた話を幼馴染達にも話した。 話を聞き終えた幼馴染達は・・・
石井マドカ
石井マドカ
薬品工場の公害の事実を隠す為に更地にしてそこに建てようとしていたなんて・・・
前川新太
前川新太
自分達がやって来た事を隠蔽しようとするから俺達みたいなガキに負けるんだよ。 大人なら堂々と公表してれば良かったんだ。
九世亮太
九世亮太
そう言えば新太くん、叔母さんは元気?末期癌で入院してるって聞いたから。
前川新太
前川新太
うん。末期であることに変わりはないけど、ここの所体調も良好なんだ。
九世亮太
九世亮太
そう。良かった。
前川新太
前川新太
今思えば初めから皆に相談してれば良かったのかなと思うよ。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
ホントにそれだよな。新太は誰にも相談しないで溜め込む癖があるから・・・
正也
正也
新太の性格上相談するっていうのは無理だろ(笑)
前川新太
前川新太
あの時楓士雄が止めてくれてなきゃ金庫の金を持ち逃げしてたかも。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
その点に関しては俺も助かったわ。あのまま2人が来てくれてなきゃ俺も新太のことを殴ってた。

それに・・・誠司と約束してたからな。必ず連れて帰るって。
桐原誠司
桐原誠司
今だから言うけど俺だって本当は皆と同じ立ち位置に居たかったんだよ。
ダン
ダン
どういう事や?
桐原誠司
桐原誠司
スーパーで売られている🥒ってどれも真っ直ぐ伸びてますよね?
ヤマト
ヤマト
確かに真っ直ぐだね。
桐原誠司
桐原誠司
けど、それって真っ直ぐ伸びるように手を施されているからなんですよ。
ノボル
ノボル
つまり自然に育った🥒は曲がってると。
桐原誠司
桐原誠司
はい。 だから楓士雄達が頭の出来が悪い分自分が誰よりも真っ直ぐになって1番いいスーパーの1番いい場所に並んで居なきゃって思ってるんです。
真也
真也
誠司、同じ立ち位置に居たかったってどういう事や?
桐原誠司
桐原誠司
あの時さ、学校に行ったらクラスメイトが皆の事を貶すから思わず殴っちゃって・・・オマケに先生までクラスメイトの肩を持つ様な言い方されてね・・・
前川新太
前川新太
確かに・・・俺達は育ちが良いとは言えないもんね。

俺なんか犯罪紛いの事してたし。
ヤマト
ヤマト
殴ったって・・・こう言っちゃあれだけど、見てると喧嘩強そうに見えないよ・・・
ノボル
ノボル
人を見かけで判断するのは良くないよ、ヤマト。
チハル
チハル
ノボルさんの言う通りですよ。ヤマトさん。
桐原誠司
桐原誠司
確かに見た目的には強くないですが俺も絶望団地の元住人でしたから荒事には慣れてるんですよ。
九世亮太
九世亮太
皆の事を貶されて黙っていられなかったんだね・・・
桐原誠司
桐原誠司
まあ主に言われたのは楓士雄達の事だけどね。
ダン
ダン
成程な・・・何となく読めてきたで。鬼邪高の生徒やからやろ?
桐原誠司
桐原誠司
はい。 教師からもあんな不良校の生徒とつるむのは辞めろとまで言われました。
前川新太
前川新太
俺も半年だけとは言え鬼邪高に通ってたから教師の言い分も分かる気がする。
石井マドカ
石井マドカ
そんな事言われたんだ。そりゃ殴りたくもなるわよ・・・私だったら絶対ムリだわ。
真也
真也
マドカは親御さんの薦めで清邦に行ってるからな・・・
ヤマト
ヤマト
親御さんの薦めで?
石井マドカ
石井マドカ
はい。 私、こう見えて勝気な性格なんです。男相手でも怯まずに挑んじゃうのでその事を心配した両親から清邦に行くように薦められて。
ノボル
ノボル
そうなんだ。
と言ったとき、ユキが🥒の入ったザルを手にやって来た。
ユキちゃん
ユキちゃん
貴方達はこれもでしょ?
そう言って手に持っていたザルを近くに居た新太に手渡した。
団地幼馴染組
おー!これこれ!
九世亮太
九世亮太
懐かしい。
そう言いながら亮太達はザルに盛られた🥒を1本ずつ手に取った。
チハル
チハル
もしかしてそれが話に出てきた🥒?
桐原誠司
桐原誠司
はい。俺達にとっては馴染みのあるものであり俺達を象徴する大事な物なんです。
亮太達が1本ずつ取るとザルの中には2本残った。
村山良樹
村山良樹
2本残るということは・・・残った2本は・・・
九世亮太
九世亮太
兄と姉の分ですね。
正也
正也
子供ん頃は1人1本ずつ取ってたから全部無くなってたんだけど・・・今となっては誰かしら欠けてるんだよな・・・
桐原誠司
桐原誠司
サダ婆の葬儀の時は1本残ったしね・・・
前川新太
前川新太
残った1本って俺の分だよね。
花岡楓士雄
花岡楓士雄
まあそうなるな。栞理も亮太も居なかったし。
ヤマト
ヤマト
新太って言ったっけ?さっき犯罪紛いのことをしてたって言ったよね?何をやったの?
コブラ
コブラ
それは俺も気になるな。
前川新太
前川新太
分かりました。お話します。

楓士雄は覚えてると思うけど・・・ちょっと前に鬼邪高でレッド・ラム騒動があったのは知ってますか?
村山良樹
村山良樹
その時は俺もまだ在学してたから全校生徒集めて集会した記憶がある。
ノボル
ノボル
それに加えて前回の時は戸亜留市内にも広まってたみたいだね。
前川新太
前川新太
戸亜留市の方は戸亜留市に詳しい人がプッシャーをしてたみたいです。

ちょっと話が逸れましたが・・・鬼邪高で広まったレッド・ラムを売り捌いていたのは俺なんです。
テッツ
テッツ
君が!?
チハル
チハル
何でまたそんな危険なものを・・・
前川新太
前川新太
母親の治療費と入院費の為です。
ヤマト
ヤマト
お袋さんの?
正也
正也
ああ。新太のお袋さんは末期癌で入院していてな。治療費も入院費も高額になってくる。
前川新太
前川新太
俺は通ってた鬼邪高を中退したんですけど借金にまで手を出さないといけないほど困ってしまって・・・そんな折に嘗ての故郷だった団地の廃墟棟の提供とレッド・ラムの売人として牙斗螺に雇われる形で治療費を稼いでいたんです。