無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

知らない感情
- 放課後 -









よしっ帰ろ









さつき
さつき
あなたー!!
今日一緒に帰らない?
あなた

あぁ…ごめん!!
先約がいて…

さつき
さつき
そっかぁー
じゃあまた今度一緒に帰ろ!!
あなた

うん、そうだね






今度一緒に帰ろ!!っか…


なんか




あなた

うれしいな







まぁはやく校門に行くかな






とくに集合場所とか決めてないけどだいたい
校門にいるよね








女子生徒
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!








えっなに急に うるさいよ










校門に着くとたくさんの女子生徒がいて
騒いでる







何かを囲んでる(?)みたい








まぁ私には関係ないから別にいいんだけど…







あなた

てかマサイ遅いなぁ
LINEしとこー

あなた

💬もう校門にいるんだけど今どこ?







あっ既読ついた
はやいな 笑






マサイ
マサイ
💬えっうそ
俺も校門にいるんだけど







えっそれはない






だって校門にいるのは私と右に見える
うるさい女子達だけなはず








あっ







あなた

まさか…

あなた

💬マサイ…
もしかして囲まれてる?

マサイ
マサイ
💬えっ?
マサイ
マサイ
💬うわっ!!
ずっとスマホ見てて
気づかなかったんだけど
なんで俺囲まれてるの!?
マサイ
マサイ
💬ねぇ俺なんかした!?









うそでしょ…
あんなにうるさいのに気づかないとか
おかしいって











それにさっき関係ないとか言ったけど
めちゃくちゃ関係あったなぁ…









あなた

はぁ…








マサイあの中にいるのかぁ





全然マサイ見えない
どうしよ







あなた

💬マサイのこと全然見えないから
先に帰ってるよ?

マサイ
マサイ
💬えっやだ
てか帰り道わかんないだろ!!








あっそうだった










マサイ
マサイ
💬あっ俺あなたのこと見えたわ!!
あなた

💬へぇすごい 笑







さすが背高いだけあってあんなに集まってても
見えるんだなぁ








マサイ
マサイ
💬今から叫ぶからよく聞いてろよー!!








…えっ?叫ぶ?



この状況で?





あなた

いやちょ、待っ…

マサイ
マサイ
あなた大声でー!!!!!!!!







もう遅かった






女子生徒
えっ?





女子生徒たちの視線がこっちに集まった








マサイ
マサイ
あっあなた!!こっちこっち!!







いやそんなすっごい笑顔で手を振られても…








女子生徒たちの視線がとても痛い










そんな中マサイは女子生徒たちをかき分けて
こっちに近づいてくる







マサイ
マサイ
よしっ!!帰ろうぜ?






いやよくこの状況でそんなこと言えるよ







まぁ私もはやく女子たちの視線から逃れたいし






あなた

うん





そう言って女子生徒たちの前を通りすぎると







女子生徒
えっなにあれ
女子生徒
どういう関係?
女子生徒
てか誰あの子







そんな声がたくさん聞こえてくる









いやただの親友です 泣






でもまぁ…




マサイがかっこいいのはわかる











私だってそう思うから











そんなことを思いながらマサイの横顔を見つめる






マサイ
マサイ
…!!
マサイ
マサイ
そんな見んなよ…/// 
照れっから…
あなた

ん??
あぁ!!ごめんごめん

あなた

なんか女子達が騒いでた理由が
わかったからさー

マサイ
マサイ
どういうことだよ?
あなた

マサイがかっこいいってこと

マサイ
マサイ
はぁ!?お前何言って…
マサイ
マサイ
よく普通にそんなこと言えるよな…
羨ましいよ
あなた

そう?
普通だと思うけどなー

マサイ
マサイ
…まぁいいや
そういうことあんま言うなよ
マサイ
マサイ
特に男にはな









そう言ってマサイは私の頭を撫でる













あなた

!!

あなた

わかってるって 笑

マサイ
マサイ
…///




やばいなんか勝手にテンション
高くなっちゃった







顔も緩くなっちゃってた気がする








引かれたかな








なんか顔そらされちゃったしなぁ…








あなた

マサイ?
どーかしたの?

マサイ
マサイ
いや!!なんでもない…
あなた

そっか

マサイ
マサイ
てか今日シルクとか家に来てんだけど
来るか?
あなた

んー、今日なんの予定もないし行く

マサイ
マサイ
おけ 笑
あなた

てかそんなこと言ってるうちに着いたよ








学校から意外と近かったんだなぁ







マサイ
マサイ
じゃあ荷物置いたらこいよ
あなた

はーい






"ガチャ"






あなた

ふぅ








今日の帰りの私は少し変だった









マサイに頭を撫でられたとき
うれしかった自分がいて










自然とテンションあがっちゃってたしなぁ









あなた

なんかおかしいなぁ…










それに1番気になってるのは








撫でられたときドキッとしたこと








あんな感情今までなったこと無かった












あの感情はなんだろ…











































マサイ
マサイ
はぁ…





あいつは人にかっこいいとか簡単に言うから
ほかの男が近寄りそうで怖い













しかも学校は共学だからもっと狙われる











マサイ
マサイ
気をつけないとなぁ…








てか俺普通に頭撫でてたよな!?









うっわぁぁぁぁぁ


恥ずかし…













でもあの時のあいつの嬉しそうな顔







マサイ
マサイ
かわいかったなぁ…
 







あの笑顔は誰にも見せたくない











あいつの笑顔が俺だけのものになる日はくるのかな