無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

お風呂上がり








鏡で顔に着いたクリームを確認してお風呂をでる






あなた

フン↑フン↓フーン~♪









すっかり気分が上がって
上手くもない鼻歌を歌いながら体を拭く










ふと視界にうつった時計を見て








うわっ…









お風呂に入ってもう1時間









やばい怒られる…







怒った時のマサイめんどくさいからなぁ (失礼)








濡れた髪をタオルでぐしゃぐしゃっとして

急いでリビングに走った










廊下にはまだ拭ききれてなかった
水がポタポタと落ちていく










あなた

ごめん!!遅くなった!!




あっれぇ????









勢いよく開けたドアの先は思ったよりも静かで
パッと見たとこ誰もいない






あなた

えっ








もしかして、遅すぎてどっか出かけたとか?







いやでもマサイは相当汚れてたし
あんな真っ白で出かけられないよね







あっでもあの人ちょっと抜けてるから
そこんとこあんま気にしなi…







マサイ
マサイ
お前風呂長くね? 笑








急に聞こえた声に少しドキッとして








声のするキッチンを見る



あなた

いやなかなかクリームが落ちなk…






んんん? えぇ?




マサイ
マサイ
なんだよ?人の顔マジマジと見て 笑





いやいや、







真っ白なお顔













あなた

ねぇ、もしかしてだけどさ

マサイ
マサイ
うん?
あなた

私がお風呂から出てくるまで
ずっーとその白い顔のままだったの?






まさか、ねぇ?








さすがにバカでもね←






少し洗ったりとか…







マサイ
マサイ
えっそうだけど







うん、バカだね☆






あなた

えっ、うっそ…

マサイ
マサイ
当たり前だろ?
お前ずっと風呂はいってるしさぁ
マサイ
マサイ
このままでいるしかなくね? 笑
あなた

いやキッチンとかで少し顔
洗うとかあるじゃん

マサイ
マサイ
あなた








えっ何この無言タイム








あなた

あのー?
だいじょぶですk…

マサイ
マサイ
うわっまじかよ!?
そうしとけば良かったぁぁぁ!!








えぇ…

私の心配が大声でさえぎられた






そのあともずっーと
『もう1時間も待ってたのにぃぃ!!』
『顔べったべただよ…』
『まじで過去の俺は何やってんだよ!?』

とか1人で話してる






てか気づかなかったんだ
そこに驚いちゃったよ






やっぱバカだなぁ








マサイ
マサイ
もう最悪だわ…







まだ言ってる








あなた

うんうん、分かったからさ

あなた

はやく入ってそのクリーム落としてきな?

マサイ
マサイ
あっ忘れてたわ
行ってくる!!






そう言うとテーブルの上に
コップを置いてお風呂場へと走っていった








あなた

ふぅ…





ソファへと腰を下ろして1つため息をつく








なんかあの人マサイがいなくなった瞬間
静かになった気がする









うるさいのは昔から変わらなくて
何かあるとすぐに大きな声を出す












おもしろいから私は好きなんだけどね 笑









なんだか眠くなってきてぼっーとしてると




マサイ
マサイ
忘れてた!!!
マサイ
マサイ
なぁ!!あなた!!






すごい勢いで戻ってきたマサイに名前を呼ばれた







あなた

な、なに?







大きな声で名前を呼ばれると少し焦る






マサイ
マサイ
これ、飲んでいいかんな!!





さっき置いたコップを指してそれだけ!!って
またお風呂場へと向かっていった








✁ ✃ ✁ ✃ ✁ ✃ ✁ ✃





作者
作者
ども!!こんにちは!!
作者
作者
作者です(*´˘`*)
作者
作者
みなさん本当にお久しぶりです!!
作者
作者
テスト続きでだせませんでした…
(まさかの2週間連続テスト)
作者
作者
本当にすみません!!
作者
作者
また頑張っていきますので
応援よろしくお願いします!!
作者
作者
それでは、せーのっ


アデュー!!