無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

好きなひと





ピーンポーン



"はぁいあいてる"




いやだから鍵かけときなって (part2)





まぁいいや



あなた

おじゃましまーす

モトキ
モトキ
あっあなた!!
おかえりー!!
マサイ
マサイ
意外と来るのはやかったな 笑





最初に話しかけてきたのはモトキとマサイ




2人で話してたみたい




シルク
シルク
えっ!?あなた?
おかえり!!
ンダホ
ンダホ
あなたおかえりなさーい!!





次に話しかけてきたのはシルクとンダホ




この2人はゲームしてたみたい




すっごいカチカチいってる





あなた

ん、ただいま

マサイ
マサイ
ここ座りなよ




そう言ってマサイは自分の隣を指す






あなた

うん





私はマサイの隣に座った




モトキ
モトキ
今日は学校だったんでしょ?
なんかあった?
あなた

今日かぁ…
あっ思い出した




私は行きにあった男の人たちのことについて話した





あなた

それでマサイに怒られちゃったんだよね

マサイ
マサイ
怒るに決まってるだろ 笑
あなた

でもいい人だったんだけどなぁ…

マサイ
マサイ
そういうこと言ってんじゃないからね
モトキ
モトキ
まぁマサイが怒る気持ちわかるわ 笑
今度は気をつけなよ?
あなた

はーい

マサイ
マサイ
他にはなんかあったのか?
友達のこととか




なんか親に話してるみたい




あなた

友達はできたよ

マサイ
マサイ
はやくね!?
お前すごいなぁ…
あなた

いや別に私は何もしてないんだけど…

モトキ
モトキ
その友達とは何か話したの?
あなた

んー…あっ

あなた

恋バナみたいなのしたよ

Fischer's  (4人)
Fischer's (4人)
恋バナ!?






ゲームをしてた2人もいつの間にか話を
聞いてたみたい







それにしても驚きすぎじゃない?





私も女の子なんだけどなぁ









あなた

えっうん

シルク
シルク
お前恋バナなんてするのかよ!?
あなた

いや私がしたいって言ったわけ
じゃないんだけど…

ンダホ
ンダホ
うわぁ青春だねー
モトキ
モトキ
あなた好きな人いるの?






好きな人かぁ…





あなた

よくわかんないよ
恋ってしたことないしなぁ 笑

モトキ
モトキ
へぇー意外
あなた

みんなはいるの?






私は気になってみんなにそう聞いてみた





Fischer's  (4人)
Fischer's (4人)






えっそんな黙ることある?






聞いた側として悲しいよ 泣








シルク
シルク
俺はいるよ笑
モトキ
モトキ
俺もいるー
ンダホ
ンダホ
俺はいないよ!!
マサイ
マサイ
俺はいる





あっよかった反応した






てか4人中3人もいるんだなぁ






あなた

へぇ…さすが(?)だなぁ 笑
陰ながらに応援してるよ

シルク
シルク
おう 笑 
モトキ
モトキ
さすがってなに 笑
あなた

なんか恋愛とか
慣れてそうだなぁって思って

シルク
シルク
そんなことねぇよ 笑
あなた

告白とか普通にされてそうだしね

モトキ
モトキ
告白は…
シルク
シルク
そりゃあ
マサイ
マサイ
まぁ…
ンダホ
ンダホ
ねぇ? 笑







えっなんですかこの人たち






明らかに告白されてるみたいなの
やめてほしいです 泣






まぁ確かにみんなモテるだろうなぁ…







ンダホ
ンダホ
あなたはあるの?
あなた

えっいや…
あるっちゃあるけど…

Fischer's  (4人)
Fischer's (4人)
へぇ…何回?
あなた

何回!?








学校でも回数聞かれた気がする…







なんで人はそんな回数を知りたがるのかな 泣











あなた

ちょっ、ちょっと待って








えーっと…





今まででってことだよね








確か…










モトキ
モトキ
終わった?
あなた

うん、えーっと

あなた

32回…だったかな?

Fischer's  (4人)
Fischer's (4人)
32回!?
あなた

それくらいだったと思うんだけど…

シルク
シルク
お前…やばいな
あなた

えっ何その変人みたいな言い方

ンダホ
ンダホ
いやだいぶ変人だよ
モトキ
モトキ
うん
マサイ
マサイ
うん
あなた

えっ






いや急に変人とか言われた
私の気持ちを考えて?





マサイ
マサイ
お前昔っからモテんもんなー
モトキ
モトキ
へぇー
そうなんだ!!
マサイ
マサイ
あぁ 笑
中学の頃こいつと帰ってたら
あなたと同学年の男子から
めちゃくちゃ睨まれたからな 笑
シルク
シルク
おぉ…
人気だなぁ





あぁ
それ気づいてないかもだけどさ





私も女子からの視線が
めっちゃ感じたからね?





マサイは年上だから同学年以外にも
先輩にまで睨まれた私の方が辛かったよ 泣








先輩には目つけられるし…









ンダホ
ンダホ
でもそんなにモテるならさー
ンダホ
ンダホ
今回の高校でも告られちゃうかもね!! 













シーン…


















ンダホ
ンダホ
えっ?
俺なんかまずいこと言っちゃった?
あなた

あっいやー

あなた

さすがにないと思って 笑

ンダホ
ンダホ
えぇーそんなことないと思うよ 笑
告白されるのやなの?
あなた

そういう訳じゃないんだけどね

あなた

実はさ…








私が話そうとしたとき

ふと時計の針が7時を指していることに気づいた









あなた

あっやばい

シルク
シルク
ん?どーした?
あなた

もう7時だし、明日も学校あるから
そろそろ帰るね

ンダホ
ンダホ
えっもうそんな時間?
モトキ
モトキ
ほんとだ!!
高校生は帰んなきゃだね 笑
あなた

うん、じゃあね

マサイ
マサイ
じゃあなー
モトキ
モトキ
またねー
シルク
シルク
じゃあな!!
ンダホ
ンダホ
ばいばーい!!






"ガチャ"








ンダホ
ンダホ
俺驚いたよ 笑
みんな好きな人いたんだね!!
シルク
シルク
まぁな 笑
ンダホ
ンダホ
全然気づかなかった 笑
マサイ
マサイ
俺も 笑






シルクとモトキ好きな人いたんだな








全然気づかなかった









ンダホ
ンダホ
みんな誰なの?
モトキ
モトキ
えぇー
それは言えないよ 笑
シルク
シルク
俺も 笑
マサイ
マサイ
俺も 笑
ンダホ
ンダホ
えぇー
まぁみんながんばってね!!
シルク
シルク
おう!!
マサイ
マサイ
あぁ 笑
モトキ
モトキ
うん 笑
ンダホ
ンダホ
じゃあ俺そろそろ帰ろっかな!!
シルク
シルク
俺も帰るわ 笑
じゃあなーマサイ!!
モトキ
モトキ
俺も帰るね
ばいばーい
マサイ
マサイ
おう 笑
じゃあなー






"ガチャ"









なんか一気に静かになったな 笑







あの2人、誰が好きなんだろ






最近は仕事でしか女性と関わってなさそうだし…






まぁいつか教えてくれるかな









それにあいつの告白された数には驚いた







中学の頃は俺が近くにいたからあんまり
告白されなかったんだろうけど







高校は別々だったから
告白されまくったんだろうな









それでも付き合わなかったって
あいつすげぇなぁ…









もし俺が告白したらあいつはどうするのかな










まぁそんなの告白しねぇとわかんねぇよな 笑







でも俺は弱いからまだ告白する勇気なんてでない







俺にそんな勇気があればいいのにな