無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

知らない人
ピーンポーン






"はぁい あいてる"





いや鍵かけておきなって
あなたはちゃんとしたYouTuberなんだから






そう彼は人気のFischer'sのひとり





それもあってあそべなかったのも
あるんだけどね





あなた

おじゃましまーす






たしか私の家とおなじ構造だから
まっすぐに行けばリビングだよね




ん?ドアの前に誰かいる??








マサイか…
さては驚かそうとしてるな?
そーゆーとこ変わってないな












そうだ、逆に驚かしちゃお





"ガチャ"




あなた

わぁ

???
あれ…   マサイ…じゃない

よくよく見たらマサイとか??






いやちがう


てかこの人全然驚かないし、
無反応すぎる…



???
あの…
あなた

はい??

???
もしかしてマサイの友達??
あなた

あっはい、そうです
さっき呼ばれてきたんですけど…

???
あぁー!!
そっかぁ!名前は?
あなた

あなたです

モトキ
モトキ
俺はモトキ!!
よろしくね!!
あなた

さっきはほんとにごめんなさい…

モトキ
モトキ
気にしないでよ 笑
あなた

マサイと勘違いしちゃって 笑

マサイ
マサイ
俺はこっちだけど



えっ、うしろから!?






てかヤバい
勢いよく振り返ったせいでバランスが…
さすがにこんな所で転びたくない









マサイ&モトキ
あっぶな







ん??痛くない?







よくみたらマサイに腕をつかまれて
モトキさんには肩を支えられている








なんか…すっごい状態だなぁ





あなた

ごめんなさい
バランスくずしちゃって

マサイ
マサイ
あいかわらずバカだなぁ 笑
あなた

マサイだけには言われたくなかった
その言葉

マサイ
マサイ
はぁぁぁ!?
なんだよそれぇぇぇぇ!!
あなた

ごめんって 笑
あっモトキさんありがとうございます

モトキ
モトキ



あれ、反応なし?




あなた

モトキさん??

モトキ
モトキ
ん??なに??
あなた

いや、肩支えてもらっちゃって
ありがとうございます

モトキ
モトキ
あぁ!!だいじょぶ!!
気にしないでよ 笑
マサイ
マサイ
てかドアの所にずっといるのも
なんだし部屋入ろうぜ 笑
モトキ
モトキ
確かにそうだな 笑








うっわぁ リビングめっちゃきれい…
この人そんな綺麗好きだったっけ??




"チャリンチャリン"




ん??鈴の音?








マサイ
マサイ
ちくわぁぁぁぁ!!
あなた

…ちくわってあの犬の??

マサイ
マサイ
そうだけど…






うわぁ…
かわいいすぎる…





あなた

…めっちゃかわいい

マサイ
マサイ
あぁそういえば
お前ちくわだいすきだったよな 笑
マサイ
マサイ
俺の家に遊びきてもちくわばっか 笑
あなた

マサイよりちくわのほうが
かわいいからしょうがないよ

マサイ
マサイ
それは納得(  '-' )
あなた

あっ笑
納得しちゃうんだそこ

マサイ
マサイ
てか俺たち今から撮影なんだけど
お前どーする??






えっ
今から撮影?







あなた

…呼んどいて撮影だって??

マサイ
マサイ
…すんません
わすれてました
あなた

まぁいいや私はちくわと一緒に
撮影終わるまで待ってる

マサイ
マサイ
そっか 笑
じゃあモトキ行こうぜ
モトキ
モトキ
そうだね 笑






撮影のこと忘れてるとか
ほんとバカだなぁ 笑






てかほんとにちくわかわいい…
この世にこんな生き物がいるんだってくらい








ソファにすわったらよってきて隣で
ちょこんとすわってるのとかマジでやばい…









あれ?? なんか眠くなってきた…






いやでも、人の家で勝手に寝るのは




ちょっと抵抗…が…