無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

358
2020/06/21

第17話

電話の奥で








私はあの後お昼ご飯を食べ損ねて
授業を受けた






何度もお腹がなりそうで大変だったけど
なんとか耐えきり







今私は








マサイの家の前にいる









-数十分前-




あなた

はぁ…
午後の授業しんどかったなぁ







独り言をもらしながら帰り道を歩いてたとき






"トゥルルル"





電話がかかってきた音がした








誰かなって思いながらとりあえず








ボタンを押した

あなた

はいもしもs…

マサイ
マサイ
ちょっと助けてぇぇぇ!!
あなた

あなた

あっ!!

あなた

間違い電話ですね
切らせてもらいます

マサイ
マサイ
ちがう!!ちがうって!!
マサイ
マサイ
マサイだってば!!
あなた

分かってる、分かってるよ 笑

あなた

落ち着いてって 笑

マサイ
マサイ
マジで切るかと思った…
あなた

あなた

で何かあったの?

マサイ
マサイ
あっ、そーだよ!!
あなたが変な事言うから忘れてたわ






変な事って( '-' )









マサイ
マサイ
今俺大変なことになってんだよ!!
マサイ
マサイ
ちょ、助けてくんね?
あなた

えぇ…

あなた

んー

あなた

めんどくさいからやだ

マサイ
マサイ
なんでだよぉぉぉ!!
モトキ
モトキ
あっ、マサイいた!!
シルク
シルク
なに!?よっしゃ!!
マサイ覚悟ぉぉぉ!!
マサイ
マサイ
うわぁぁぁ!!
ちょ、まじでうわっ!!






奥からシルクたちの声と
ドタドタと走り回る音が聞こえる







何が起きてるか説明してほしい…








マサイ
マサイ
と、とりあえず玄関鍵開けとくから!!
あなた

えっ?







"ツーッツーッ"






あなた

あっ切れた








なんの説明もなしに切るのは困るよ 泣








うーん…










あなた

とりあえず行くかな…











はぁ…
中で何が起きてるか怖くて








入る勇気がない







正直に言えば入りたくない









あっ







もう入らないで帰ろうかな











あなた

よしっ帰ろう!








自分の部屋前まで来てふと思った








もし助けなかったら






マサイにグチグチ言われるかもしれない






買い物にこき使われるかもしれない





料理作れって言われるかもしれない







ちくわの世話しろって言われr

…それはいいかも






でもその他はめんどくさいな











そう考えると入る勇気がでた







よしっ



あなた

行こうかな









進む向きを変えてまたマサイの部屋前へと向かった