第4話

3.目覚め。
728
2023/11/05 13:37
~らんside~



…パチっ。


らん
……え、?
目が、覚めた。

どうやら作業椅子で寝落ちしていたらしい。


あれ、俺なにしてたんだっけ…なんか、夢を見ていたような…


部屋を見渡すと、やけに散らかっていた。


書類にエナドリ、薬や写真、本…とにかくあらゆるものが散乱している。


こりゃひどいな…片付けないと。



にしても何故こんなことになっているんだろ…


俺、寝る前そんなヤバかったのかな?www

らん
よい…しょっと。
少しずつ、部屋を片していく。


ついでに掃除もして、部屋はあっという間に綺麗な状態になった。


…ふぅ、これでいいか。


そう考え、窓に目を向ける。
らん
あっ……
窓の近くに飾ってある、バリエガータの花。


…しばらく水をあげ忘れていたのか、枯れていた。




あーあ、この花、可愛くてすごく気に入っていたのに…
らん
捨てるか…でも寂しくなるなぁ…
パッと机を見る。


すると、さっきまで無かったはずの場所に彼岸花がちらばっていた。


花は綺麗に咲いていて、とても鮮やかだ。


なんでさっき気づかなかったんだろ…www


…あれ、この花、さっきどこかで見たような……


……まぁいいか。これ、飾ろ!


そう考えて俺は元の花を捨て、かわりに彼岸花を花差しに飾った。


らん
よしっ…!いいじゃん!
なんかこっちのほうがいいな……




…そう花を見てぼーっとしていると、スマホが突然光った。

ぼんやりしつつもスマホをとると、何故か通知がすごい量になっていた。


うわっ、どうしてこんな…800件くらいあるんだけど…


全部見るのは気が引けたので、とりあえず一番上にあるシクフォニのグルラをひらく。


らん
…!いるま…!!
いるま
『今日九時、ディスコ集合』
なんか、久々だなぁ…って、なんだこれwww


九時…今の時刻の見ると、八時五十分。


……やばっ!?入らなきゃ!!


慌ててパソコンを立ち上げる。

らん
はっ……

立ち上げてすぐ出てきたのは、狂ったようなメモが記されたメモだった。










『辛い。助けて。どうして。
 なんで。報われたかった。ほしかった。
 俺に才能があればよかったのに。
 なんで俺は駄目なんだ。なんで。もう嫌だ。
 
     ・
     ・
     ・


 ごめんなさい。こんな出来損ないで。
 
 もう、俺は戻らない。



 みんなの傍にいたかった。

 独りにしないで。


 おいていかないで。



 

 もう、追いつけないよ。




 苦しい。苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい……』
 



そのあとも、ずーっと「苦しい」だけが続いている。



なにこれ…これ書いたの俺?まっさかー!


書いたとしたら深夜テンションの俺ヤバすぎでしょwww



そう考え、俺は無言でメモを全て消した。



…よーっし、ってあと三分!?


ディスコ、ディスコ入らなきゃ……!






……あれ?

らん
ディスコ、どうやって入るんだっけ?







プリ小説オーディオドラマ