無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

647
2020/09/05

第45話

#44
ある日の11時頃

今日はとしくんと名古屋にお出かけ♪
出発時間や行先は決めずに今日に至る。

すると、としくんから電話が…
としみつ
📞もしもーし
あなた
📞あ、もう行く?
としみつ
📞家の近くで車とめてるからいつでもおいで~
あなた
📞すぐ行くー!!

てっちゃんに行ってきますと言って

としくんのところまで行く。なんだか足が軽い。
としみつ
よっ(๑・ω-)ノ
あなた
おはよ~?こんにちは?
あなた
来てくれてありがとね
としみつ
全然いいよ笑
としみつ
どこ行く?
あなた
とりあえずさ、服買いたいよね
としみつ
分かる!
としみつ
時間あるし、名古屋行く?
あなた
運転疲れない?
としみつ
1時間ならまあ…いいんじゃね
あなた
(大きめの声)じゃあ!名古屋に~??
2人
(大きめの声)しゅっぱ~つ!!
としみつ
やっとじゃね?w
掛け声揃ったの
あなた
今日はいつもよりいいことがたくさんあるかもね笑
としみつ
よっしゃ行くぞ!
としみつ
なんか飲み物買わんでいい?
としみつ
車乗ってる間はお口がさみしくなると思いますがッ
あなた
じゃあスタバ寄って行くか
としみつ
了解でーす⤴︎

飲み物を買い、再出発。
としみつ
あれ?あなたってコーヒー飲めるっけ?
あなた
飲めるっちゃ飲めるけどそこまで好まないかも笑
あなた
だから私はフラペチーノにした!
としみつ
ほー、そのパターンはコーヒーが好きになっていくパターンですねぇ
あなた
それはどうでしょうねぇ…笑
としみつ
2人で買い物行くのっていつぶり?
あなた
初めて行ったのは私が高校3年になる前の春休みとかかな…
としみつ
うわっ、懐かし!笑
としみつ
なんで高3なんだろね笑
あなた
私の家が裕福じゃないから遊びに行くことでお金使うのが許されなくて
としみつ
親が許してくれなかったの?
あなた
ううん笑
私が自分で決めてたルールw
としみつ
高校生でそんなルール決めるなんてしっかり者かよw
あなた
だって部活という名の青春捨てて稼いだお金を目的外のことで使うとかもったいないじゃんw
としみつ
えー、じゃあ裕福な高校生になったら何したい??
あなた
とりあえず私立行って、部活も入って男女混合グループたくさん作って遊びまくる
としみつ
それがあなたの高校時代に描いてた理想ってことw?
あなた
別に理想ではないけどw
あなた
あ、でも裕福だったらバイトしてないからてっちゃんに会ってないやん
としみつ
俺らが出会ってまた会ったのもめっちゃ運命やん!
あなた
ほんとすごいよね~w
としみつ
で、なんの話だっけw
あなた
2人で買い物行くの
いつぶりかって話w
としみつ
1年ぶりとかかな?
あなた
あ笑、お揃いでTシャツ買うか買わないか問題ねw
としみつ
あ~!俺が頑なに「やめとこう」って言ったやつw
あなた
お揃い着てて視聴者に変な意識されたら困るからってね
あなた
今日行って、お揃いまたは色違いの何かあったらどうする?
としみつ
ネックレスは無しだな笑
あなた
ブレスレットもちょっとやだw
としみつ
やっぱ服だよな~
お揃いとかなら笑
あなた
ま、あればの話だけどね笑


そんなこんなで名古屋の服屋がたくさんあるショッピングモールに着いた。
あなた
やっほーい!(走る)
としみつ
おい笑
危ないってw!
としみつ
駐車場で走んなw
あなた
毎回それ言われてる
気がするんだけど笑
としみつ
もう恒例になっちゃってるわw

ぶらぶらして、気になる店に入る。
つまり、としくんとのお出かけは細かい目的をつくらないことが大体だ。

しかし、ゆるいお出かけに限る。

とある服屋にて
あなた
見て!あれめっちゃ良くない?
としみつ
あなたあんな服めっちゃ持ってるじゃん
あなた
そう、同じような服ばっかり買っちゃうんだよね~
としみつ
でもたまに撮影で汚れることあるから同じようなの持っとくのもありだよね
あなた
うんうん笑
としみつ
俺さ、こういう服も着てみたいんだよな
としみつ
でも普段とちょっと違う服だとたまにしか着ないって可能性もあるじゃん
あなた
それはもったいないから買いにくいってこと?
としみつ
うーん
あなた
一応それ持っといたら?
あなた
あとで試着すればいいもんね
としみつ
そうだね(。・`ω・´)キラン☆

一回りしました
あなた
私はそこまで欲しい服無かったかな
としみつ
じゃあ俺ちょっと試着していい?
あなた
いいよ( •̀∀•́ )b
としみつ
…どう?
あなた
えっ、めっちゃいいよ!
としみつ
ほんと!?
あなた
うん!笑
としみつ
じゃあ俺これ買うわ!

レジを済ませ、またぶらぶらする
としみつ
あなたお腹減ってない?
あなた
私は大丈夫だけどとしくんは?
としみつ
別に俺も減ってないw
あなた
気つかってくれたんね笑

とあるお店にて
あなた
欲しい服はたくさんあるけど、買いすぎると荷物多くて疲れるから考えて買わないとだよね
としみつ
今日は車で来てるからいいけど電車だったら尚更ね
あなた
さて、そんな問題がある中としみつさんに質問です!
としみつ
えw突然なにw
あなた
これとこれ、どっちがいいと思いますか?
としみつ
うーん…?
としみつ
ってかさ、女子って「どっちがいい?」って聞いてくるくせに結局は自分が気に入ってる方買うよねw
としみつ
俺の選択意味あった?ってなるw
あなた
あら、そんなご経験があるのですか?
としみつ
何回かあるけど、そのうちの1回はあなただからな笑
あなた
え!私そんなことしないってw
としみつ
確かにあったの!
としみつ
まあ別に腹は立たなかったけど
あなた
じゃあよかった笑
あなた
それで、どっちがいいと思う?
としみつ
うーん、こっちかな
あなたに合う色だし。
あなた
じゃあこれにしまーす笑
(としみつが選んだ物と違う方を指さす)
としみつ
おい!
あなた
うそうそ笑
としくんが選んだのにするってw
としみつ
そーやって、しょうがないからこっちにしますって態度してくるんだよなw
あなた
つまり自分が好きな方買えよと?
としみつ
俺に決めさすなよと笑
あなた
コミュニケーションの1つなんだと思うけどね笑

レジを済ませ、またぶらぶらする
としみつ
あ、あそこめっちゃよくない?
あなた
行こ!
とあるお店にて
あなた
見て~、このTシャツかわいくない?
としみつ
え!めっちゃいいじゃん!
あなた
これの緑とかとしくんも着れそうだよ
としみつ
ほんとやん!
としみつ
色違いで買っちゃう?!
あなた
それもアリだよね!
としみつ
じゃあ俺は緑にするわw
あなた
私何色にしよ…
あなた
黒とか似合うかな?
としみつ
白色にしてみりん
あなた
えwなんでw?
としみつ
俺がメンバーカラーの緑買ってるんだからあなたは白でしょw
あなた
じゃあ白にする!
としみつ
なんかサラッとお揃い
買うことになったな笑
あなた
ほんとやん!
同じ日に着て撮影行ったら関係疑われるよw
としみつ
まあいいじゃんいいじゃん♪
あなた
ごめん、お手洗い行きたいから好きに回っててくれない?
としみつ
おっけー

お手洗いから帰ってきた
あなた
おまたせー
としみつ
ううん笑
次どこ行く?
あなた
え!お会計済ませたの?
としみつ
うん、なんか
あの後見て回ったんだけどあんまりいいのなくてさ
としみつ
全部男性ものだったからあなたも別に見なくていいかなって思ってもう会計済ませちゃった笑
としみつ
えーっと、こっちがあなたのTシャツ!
あなた
も、もしかして
私がトイレ行ってる間にお金払っといてくれたの!?
としみつ
「お金払った」ってw
そんなモロな言い方するなよ笑
あなた
えー!としくんかっこいいー!
としみつ
礼は要らないぜ…
あなた
うん!ありがとう(*´˘`*)
としみつ
お腹減らん?
あなた
確かにたしかに!
としみつ
じゃあ俺気になってる店あるから行こ
あなた
なにそれ?どんな店?
としみつ
行ってからのお楽しみ~



その後、昼食をとってまたぶらぶらして
なぜか記念写真撮って家に着いた頃には日が暮れていた。

時間を忘れて楽しめる充実した休日だった。


また行きたいな~
─────────🍅ー🍅──────────
読んでいただきありがとうございます。

今回はいつもより、書いててすごく楽しかったです!笑
この小説の大体の話が書く前に「これはこうして、この後はどうする」って考えるんですけど、今回は何も考えずに書いてしまいました。
とても自己満なのかもしれないですが、読者さんも楽しんでいただけると嬉しいです!

これからもよろしくお願いします