無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

文化祭後。
文化祭が終わった。



打ち上げに誘われたけど断った。 










だって涼介にどんな顔したらいいかわかんない。





私は公園で一人ブランコにゆられていた










私は健人先輩の話を聞いたとき。










そばにいてあげなきゃって思った。









私の好きな人は涼介。









だから気持ちを忘れるために最後にキスをした。








かわいい約束は守らなきゃ、

そう思ったから








あなた

うぅ……

涙が溢れてくる。











でもこれも健人先輩のため。










ギュッ__




あなた

だ、だれっ…

健人
俺、。
演劇見てたよ。
綺麗だった。
あなた

あ、ありがとっ、うございます…

健人
俺さ、好きな人の涙見たくないなぁ
あなた

な、ないて、ないですっ、よ、。

健人
みえみえの嘘つかないで(笑)
健人
俺、好きな人に幸せになってほしい。
考え込んで苦しまれるのやだ。
あなた

わ、たし決めたんです。
健人先輩のとこにいるって

そういうと先輩は私から離れて隣のブランコに座った
健人
なら、俺あなたのこと嫌いになる
え…?
健人
俺、素直なあなたが好き。
ヒマワリみたいな笑顔が好き。
いまのあなたは
自分の気持ちに嘘ついてて嫌い。
涙ながしてばっかりで嫌い。
人のためってそうゆうことなのかなぁ、









そういわれて私は分かった。











健人先輩が私の気持ちを素直にしてくれた。
あなた

先輩、私は涼介の事が好きです、

健人
ん…素直になったね

  




そういって頭をぽんぽんされた
私は先輩に抱きついた
あなた

なにかあったら、すぐいってください
私、先輩のとこにすぐきます、っ

健人
頼もしいな~
ありがとね、
健人
最後に1つだけお願いしてもいい、?
あなた

は、いっ

健人
俺にキスして、?






最後のお願いくらい叶えなきゃ 













私はうんと背伸びをして軽く口に触れた





















涼介side



あなたがいない打ち上げなんてやだなー
と思い行かなかった


とぼとぼあるいていたら






公園にあなたがいた。







よかった、会えて!







走り出そうとしたとき___











あなたから健人先輩にキスをした

















は…?











さっきのごめんねって






そういう意味だったんだ
















俺は、振られたんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

二 宮 涙 苺_◎
二 宮 涙 苺_◎
(💛)二宮和也 嵐大好きデス。 おもにジャニーズ系の投稿です。 嵐の投稿すると自担にもっていっちゃいます。笑    ご了承ください。 #嵐 #あらしっく
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る