無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

決心
話によると__




健人先輩にはもともと大好きな彼女がいた

彼女に出会ったのは数年前。

道端で転けた彼女にこえをかけたら
向日葵みたいなかわいい笑顔で大丈夫といった彼女に一目惚れをしたらしい。

それから健人先輩が告白したら見事に両思いになり二人は付き合うことになった。


たくさん、デートをした。


たくさん、けんかをした。


ケンカした分たくさんふたりで笑った。


でもその楽しい日々は長く続かなかった



彼女に話があると呼び出されその場にいって別れてといわれた。

理由は彼女の両親が彼女の婚約者をきめたから別れろ、別れないと健人先輩の家族がどうなってもしらないといわれたから、だった。



だから、健人先輩は別れを受け入れた。
自分が彼女を守れなかった。


あそこで自分がわかれを受け入れていなかったら、今はちがったかもしれない。

健人先輩は自分をたくさん攻めた_





あれから1年経って私がこの学校に転校してきて廊下であった。


放課後話したときどことなく雰囲気が彼女に似ていた私にまた恋をした。









今度こそ、手放さない。










そう思ったんだと教えてくれた。
健人
な、なんでお前がないてんの?
あなた

う、うぅ…
先輩が、そんなにつらかったなんて知らなくて、分かってあげれなくて、ごめんなさい、

健人
謝らないでよ、なんか、俺が泣かせたみたいじゃん
あなた

うぅ……

私はギュッと先輩を抱き締めた
健人
ちょ、///
あなた

なんかあったら全部話してください。
一人で抱え込まないで、。
私も、先輩にちゃんと向き合うから、。

健人
ん…
ありがと













私はこのとき決心した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

二 宮 涙 苺_◎
二 宮 涙 苺_◎
(💛)二宮和也 嵐大好きデス。 おもにジャニーズ系の投稿です。 嵐の投稿すると自担にもっていっちゃいます。笑    ご了承ください。 #嵐 #あらしっく
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る