無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

11
2020/10/02

第3話

#Two 大御神様
┈┈┈大神殿┈┈┈
お母さん
お母さん
大陸の星
大御神様
お母さん
お母さん
如月家、参上致しました。
覡 清恋
覡 清恋
えぇ。よく来てくれました。
如月 唯
如月 唯
(あれが……大御神様。)
如月 唯
如月 唯
(今まで気にしてなかったから記憶に残ってないけど…)
如月 唯
如月 唯
(大御神様独特のオーラを感じるというか……)
如月 唯
如月 唯
(普通にしていれば……私より少し年上くらいの女の子に見えるのに……。)
如月 唯
如月 唯
(小さい頃から、いろんなプレッシャーに耐えてきたのかな。)
覡 清恋
覡 清恋
そちらは?
お母さん
お母さん
娘の唯にございます。
覡 清恋
覡 清恋
そう。確か、10歳だったかしら。
如月 唯
如月 唯
(えぇ!?年齢まで覚えてるの!?)
覡 清恋
覡 清恋
大きくなったのね。
覡 清恋
覡 清恋
では、加護をかけましょう。
覡 清恋
覡 清恋
まずは、貴方から。
如月 唯
如月 唯
(わ、私!?)
覡 清恋
覡 清恋
少しじっとしていてね。
如月 唯
如月 唯
は、はい。
ポオオゥ……(唯の頭に白い光がかかる)
如月 唯
如月 唯
わ……
覡 清恋
覡 清恋
はい、終わり。
如月 唯
如月 唯
あ、ありがとうございます……。
覡 清恋
覡 清恋
次は貴方。
ポオオゥ……(頭に紫の光がかかる)
如月 唯
如月 唯
え?
覡 清恋
覡 清恋
どうかしましたか?
如月 唯
如月 唯
いや……なんで頭の光の色が違うのかな、って……。
お母さん
お母さん
唯!
覡 清恋
覡 清恋
大丈夫です。
覡 清恋
覡 清恋
唯さん、それは花言葉の花の色に基づいているからです。
覡 清恋
覡 清恋
貴方はカスミソウだから白色。
お母さんはハナショウブだから紫色。
それだけです。
如月 唯
如月 唯
なるほど…。
お母さん
お母さん
すみません!うちの娘が…!
覡 清恋
覡 清恋
気にしていません。
覡 清恋
覡 清恋
学ぶことは、これから育つ上でとても大切なことなので。
お母さん
お母さん
…!ありがとうございます…っ!
聖職者
聖職者
大御神様、そろそろお時間です。
覡 清恋
覡 清恋
分かりました。
聖職者
聖職者
入り口までお送りします。
お母さん
お母さん
ありがとうございます。
_______________________
如月 唯
如月 唯
ねぇねぇ、お母さん。
お母さん
お母さん
なぁに?
如月 唯
如月 唯
大御神様って、何歳なの?
お母さん
お母さん
そうねぇ……
確か、15歳くらいだったかしら。
如月 唯
如月 唯
15歳!?
如月 唯
如月 唯
15歳であの佇まいって……。
お母さん
お母さん
多分、そういう風に教育されているんでしょうね。
お母さん
お母さん
でも、大御神に選ばれるってことは、とても名誉あることなのよ。
お母さん
お母さん
親御さんだって、泣いて喜ぶわ。
如月 唯
如月 唯
そんなに……。
如月 唯
如月 唯
……お母さんは、私が大御神に選ばたら嬉しい?
お母さん
お母さん
そりゃあ嬉しいけど……
如月 唯
如月 唯
けど?
お母さん
お母さん
「大御神」として縛られるより、『普通の女の子』として過ごして欲しいな、っていう考えが勝つかな。
如月 唯
如月 唯
…!
お母さん
お母さん
さぁ、唯は夕食何食べたい?
如月 唯
如月 唯
フフッ…えっとね___