無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

ふつーに授業
夜蛾先生
今から普通の授業をする
夜蛾先生
では問題
夜蛾先生
春はあけぼのようよう白くなりゆく山際少しあかりて紫だちたる雲の細くたなびきたる
夜蛾先生
は誰の詩でしょう
五条悟
ベートーヴェン
御陵 美桜
津田梅子!
家入硝子
平清盛
夏油傑
卑弥呼
夜蛾先生
清少納言だ
夜蛾先生
ビッグ・ベンはなんでしょう
御陵 美桜
ベンベンベーン?
夜蛾先生
けーぽっぷなそれ
夏油傑
大きなフン
夜蛾先生
違うな
家入硝子
何それタバコ?
五条悟
大きなち○こ
夜蛾先生
やめなさい、時計だ
夜蛾先生
最終問題
夜蛾先生
ヘレン・ケラーはどこが悪かった?
五条悟
頭!
御陵 美桜
大腸!
家入硝子
顔面
夏油傑
性格!
夜蛾先生
耳目口だ
この時先生は多分高校入試してたら落ちてただろうなと思ったらしい
-じゅじゅさんぽ-
夜蛾先生
俺名言を作ったんだ
御陵 美桜
どんなん?
夜蛾先生
問題児4人しかもアホ
五条悟
そこは問題児4人ただし最強とかじゃね!?
家入硝子
それな
夏油傑
誰がアホなんですか?
夜蛾先生
もういい寝てくる