無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

218
2021/06/25

第3話

461個のお弁当
言い忘れてたのですがあなたの親の呼び方はパパとママです







━━━━━━━━━━━━━━━
虹輝said

夕食を食べてる時に言われた
ママ
ママ
ママとパパね、離婚することになったの…
長尾(なまえ)
長尾あなた
え、、、
鈴木虹輝
鈴木虹輝
……
僕が大好きな梅ちりめん入の卵焼きをひとつ食べた時にママが言った

そんな大事なこと、ご飯を食べる時にゆうことなのか?と思いパパの方を見た

けど、まるで話を聞いてないようにご飯を食べていた

こんな話をママだけに言わせるなんて無責任だと思わないのか不思議だった
ママ
ママ
それでママはこの家を出てくけど、、、2人はどっちについて行きたい?自分で決めていいよ?
自分で決めていいよ?って言い方も無責任だ
確かに僕は今まで自分の意思を大切にしなさいって言われてきた

だから本音を言えば2人にずっと居て欲しい

でもそれが無理だからこうしているわけでなるべく暗い雰囲気にならないように今言ってんだろう

それはわかってる、わかってるけど……

僕は2人の顔を見ることが出来なかった

いつも美味しいと感じるご飯も今日は美味しいと感じなかった

……




夕食後、僕は自分のベットに横たわった

いつもはゲームをする時間も全然やる気になれない

天井を見つめていると思い出したくないことが頭の中に溢れてきた

そりゃ、全く予想してなかった訳でもない











……



あなたが小学4年生で僕が小学5年生くらいの時からパパの帰りはいつも遅かった

遅く帰ってきたパパとママが口喧嘩をしている所も見たことある

あなたには言ってなかったけど、、、

いつもママが怒っててパパが言い訳をしているように聞こえた

僕の誕生日にパパが帰ってこなかった時もあったママとあなたと3人で随分遅くまで待ったけど待っててもしょうがないって先に大きな誕生日ケーキを食べた

ママが僕のために、いや、みんなのため特別に注文したケーキだ

ママはいつもだったら太るからと言ってケーキを1切れしか食べないけどこの日は沢山食べていた

僕もなんだか食べなきゃいけない気がした

多分あなたも同じ気がしてたと思う
鈴木虹輝
鈴木虹輝
、、、パパ遅いね
ママ
ママ
…そうね
長尾(なまえ)
長尾あなた
いつ帰ってくるのかな?
ママ
ママ
どうだろう
ママは遠い目をして答えるだけ

パパがいない誕生日は寂しかったけど、僕よりもママの方が寂しそうだった

それから何となくママの笑顔をあまり見ていない気がする
僕が中学に入ってからは僕が家に帰るとママがソファに横になっていた
鈴木虹輝
鈴木虹輝
ただいま……ママ?
ママ
ママ
あぁ!おかえり、虹輝、、晩ご飯どうしよっか
僕はママがカフェで働いてたから疲れていることを知ってる
鈴木虹輝
鈴木虹輝
…ピザでも取ろうよ、どうせパパもいないし、、、あなたにいいか聞いて来るね
あなたの所に行く時に僕は思ったんだ

ママは疲れているだけじゃない

もうこの家を守りたくないんだ

パパと仲が良くないからやる気が出ないんだ
……




僕はどっちについて行こう、、、











あなたsaid
ママに言われた時びっくりした

確かに前から仲良くなくなってきたとは思ってたけど喧嘩とかはしてなかったし…いや、私の寝る時間と被ってたのかも、

どうしていいのかわかんなかった

だから



虹輝のところに行った
コンコン
長尾(なまえ)
長尾あなた
虹輝?入っていい?
鈴木虹輝
鈴木虹輝
、、、うん、いいよ
ガチャ
長尾(なまえ)
長尾あなた
…虹輝はさ、どっちに着いてくの?
鈴木虹輝
鈴木虹輝
僕は…パパに、ここにいようかなって思ってる
長尾(なまえ)
長尾あなた
そっか、、、
長尾(なまえ)
長尾あなた
ねぇ……なんでみんないなくなっちゃうの?泣寂しいよ、、泣
鈴木虹輝
鈴木虹輝
ッ!あなた、、、こっちおいで?
長尾(なまえ)
長尾あなた
(。  。`)コク泣
よしよし
長尾(なまえ)
長尾あなた
虹輝はいなくならないよね?
鈴木虹輝
鈴木虹輝
当たり前じゃん、居なくならないよ?ずっと
長尾(なまえ)
長尾あなた
ありがとう泣…私も、、ここに残ろうかな泣
鈴木虹輝
鈴木虹輝
うん、
……










長尾(なまえ)
長尾あなた
ありがとね、ほんと
鈴木虹輝
鈴木虹輝
うん、まだ絶対ママに会えないって訳じゃないから
長尾(なまえ)
長尾あなた
、、そうだね
長尾(なまえ)
長尾あなた
離婚しても絶対ママの所に行こうね?
鈴木虹輝
鈴木虹輝
うん!