無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12話 知念侑李
今日から知念さんが相手
由紀ちゃん情報だと、
知念さんは小悪魔らしい
相葉由紀
相葉由紀
ファンの子が
可愛いし、ちょっとドSのところもあるし、たまに見せるところがかっこよくて
小悪魔っぽいじゃん?
あれすっごい好きなんだよねー
って話してたの
あなたが、
なんで気になりだしたのか
追求したいけど
言えないことなんでしょ?
だったら私は追求しない!
何かあったら相談してよね
という会話を、
有岡さんがおとぎ話の話をした後に、
由紀ちゃんに聞きに行った
知念侑李
知念侑李
お待たせ〜
あなたちゃんよろしくね
改めまして、知念侑李です
どんな風に呼んでくれても構わないから
あなた

よろしくお願いします
心(結構知念さんって関わりやすい?)

知念侑李
知念侑李
(* ´ ˘ ` *)
僕ってそんなに関わりにくそう?
あなた

どうしてですか?

知念侑李
知念侑李
えっ、だって
心の声、だだ漏れなんだもん
そりゃわかっちゃうよね?
あなた

Σ(///▽/// )
えっ
恥ずかしい///

知念侑李
知念侑李
まぁ、いつも通りでいいんじゃない?
何かあったら僕が呼びに行くから
その2人を影で見つめる2人組み
伊野尾慧
伊野尾慧
ねぇねぇ、山田
もう俺と山田の2人になっちゃったよ
リアル恋愛ゲームやったこと
あるのかなって思うくらい強い、
俺不安になってきたよ
山田涼介
山田涼介
大丈夫
ファンの子が言ってた。
もし、リアル恋愛ゲームに落ちても
嫌なわけじゃないって、
好きな人は、好きな人
好きなものは好きなもの
それでいいじゃないって言ってたよ
伊野尾慧
伊野尾慧
そのファンの子、強いなぁ
(๑-﹏-๑)
山田涼介
山田涼介
大丈夫だよ
俺なんてとっくにあなたに
落ちてんだから((ボソッ…
最初、関わりやすいって
思ったのは私の思い違いだった
確かに彼は小悪魔だった……
今までの数倍疲れる日々
さすがに疲労で倒れそうです……

途中から彼は
もう踏み込んでこないで
と言ってきた
知念侑李
知念侑李
君は、どうしてそんなに
まっすぐ笑っていられるの?
僕がこんなにも
君のことで悩んでいるのに
君は振り向いてくれない
あなた

私だって悩んでます
昔の幼なじみのことで
その子は、いつも私をなやませるし、
いつも怖かったこれ以上好きになるのが
それにあなた達だって私を悩ます原因です
平穏な学園生活が送りたかったのに…

知念侑李
知念侑李
好きになったんだから仕方ないじゃん
あーあ今日で君との
リアル恋愛ゲーム終わり
君を落としてなんの未練もなく
終わる予定だったのに(´•̥  ̯ •̥`)
未練ができちゃった
これからは、友達として仲良くしてくれる?
あなた

もちろんですよ

知念さんも終わって
次は、由紀ちゃん曰く、
最大に危ない人物
伊野尾慧。

☆.。.:*作者の独り言.。.:*☆
作者(Syuri)
作者(Syuri)
申し訳ございません。
知念ファンの皆様、
私途中で知念くんの性格とかが
よくわからなくなってしまい、
病んだような状態になってしまったんですね
本当に申し訳ございませんでした
さて、あと伊野ちゃんと山田君だけに
なってしまいましたが
今までの作品どうでしたか?
毎回私、自分でも思っているんですが
読者の皆様に語りかけていますよね?
作者の独り言じゃないじゃんと
自分でも思いながら、
この作者の独り言のコーナーを
書いております
伊野ちゃんはちょっと過激なのを
出そうかなーと思っています。
R18には届きませんがお楽しみに