無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

主人公の過去編
私の1stKissは、5歳の時…
近所の幼なじみのりー君
本名は、あいにく思い出せない…
私はりー君が好きで、りー君も私が好きだった。
いわゆる、両思い
小学生になる年の3月……
私は引っ越すことになった
別れ際にしたりー君との約束
りー君
りー君
僕達、また会えるよね?
僕はあなたちゃんが大好きだから
大きくなったら結婚する!
約束ね!
あなた

うん!!

りー君
りー君
じゃあ約束の印にあなたちゃんの初めて…もらっていい?
あなた

初めてってなんの?

りー君
りー君
それはk…キス
1st kiss!
あなたちゃんの1st kissもらっていい?
あなた

いいよー

私の1st kissは甘い「チュッ」水音を立てて
儚く散っていった
大きくなって約束をした地へ戻ってきたが、りー君は、またあの輝かしく無邪気な笑顔で笑ってくれるだろうか…
まだ、私のことを好きでいてくれるだろうか…