無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話 リアル恋愛ゲーム開始
それからというもの
私がこの学園に登校する時、後ろから、Hey!Say!JUMPのメンバーのみんながついてくるようになった
どのように変装しても、
どのような別の道を歩いてきても
彼らには見つかってしまうので、
私は諦めて、彼らと共に登校するようになった
あなた

あのー
いつになったら一緒に登校するのやめてもらえます?

薮宏太
薮宏太
君が、
《リアル恋愛ゲーム》をやる気になったらじゃない?
岡本圭人
岡本圭人
あの人達は諦めが悪いからね
八乙女光
八乙女光
君も大変だよね
面倒くさいあいつらに目つけられるなんて…
高木雄也
高木雄也
まんざらでもなかったりして…
あなた

そんなことないです。
今すぐにやめて欲しいくらいです
ファンクラブのお姉さんみたいなのに目つけられたらどうしてくれるんですか?

伊野尾慧
伊野尾慧
君が
《リアル恋愛ゲーム》をやる気になったら、やめてあげるよ
その代わり、別の代償がつくかもしれないけど((ボソッ
そうこう話しているうちに自分のクラスについてしまった。
そして、自分の席に座ろうとした時…
クラスの女子
クラスの女子
ねぇねぇあなたさん
さっきのイケメンの人達、誰?
ざっと10人ぐらいいたよね?
昔一緒の、保育園とかに通ってた幼馴染み?
もしかして10人いる中の1人って彼氏?
あなた

いや、
そんなんじゃないんだよね
最近付きまとわれてるみたいで
(>ㅁ<` )💦

クラスの女子
クラスの女子
へー
そうなんだー
クラスの女子が興味がうせたのか、
自分の席に戻るもの、
他の場所で数人で話すものそれぞれだった
相葉由紀
相葉由紀
あなた
あんた、門の前で10人くらいの男の人に囲まれてなかった?
私があった元気オーラ丸出しの人もいたし…
本当の本当に友達じゃないの?
あなた

あ、あの9人?
友達じゃないよ?

相葉由紀
相葉由紀
友達じゃないなら尚更気をつけなさいよ?
あの人たち、多分Hey!Say!JUMPのメンバーでしょ
あなた

わかってる
わかってる

相葉由紀
相葉由紀
そう言ってもわかってないのがあなたでしょう?
なんていうホンワカする会話をしながら1日を過ごした
その次の日、私はHey!Say!JUMPのメンバーの皆さんに、《リアル恋愛ゲーム》に参加しますという話をした。すると、
「じゃあ、まずは薮ちゃんからかな?」と言い出した
あなた

薮ちゃんから?
つまり?
9人と《リアル恋愛ゲーム》をしろってこと!?

有岡大貴
有岡大貴
そうなるね!
中島裕翔
中島裕翔
じゃあ順番は、
1:薮くん
2:光くん
3:圭人
4:高木くん
5:僕(中島裕翔)
6:大ちゃん
7:侑李
8:伊野ちゃん
9:山
でいいかな?
HSJ
HSJ
おk / り / 涼解
あなた

待って待って!
私抜きで話進めないでよ!

山田涼介
山田涼介
まぁ
そういうことだから、せいぜい頑張れよ?
押しくるめられてしまった
これで本当に《リアル恋愛ゲーム》をすることになってしまったのだった


☆.。.:*作者の独り言.。.:*☆
「毎回語りかけてるやん」とお思いの読者様
そこには突っ込まないでいただきたいです
作者(Syuri)
作者(Syuri)
5話どうでしたでしょうか
やっとJUMP全員を出すことができました
これからそれぞれの《リアル恋愛ゲーム》の話を書いていこうと思います
これからも期待して待っていただけると光栄です
今後とも宜しくお願い致します