無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

快晴




次の日の朝


看護師さんに起こされ、朝食をとった。



今日も空は相変わらず快晴。



夏の快晴、そして入道雲



いつからだろうか、なぜかこれらが大嫌いになってしまった。




看護師さんがカーテンを開けてくれたが、今すぐにでも閉めたい気分だ


そう思っていると、また頭が痛くなる


片手で頭を抱えているとコンコンとノックの音が聞こえ、はっと扉を見る




「 はいるわよ〜? 」


『 えっ、あ、はい! 』


私が返事をした途端、ガラガラガラと入ってきたのはお母さん。



「 調子はどう? 」



『 たまに頭が痛くなるくらい。
リハビリも上手くいってる 』



そう言うとお母さんはベットの側まできて、花が入ってない花瓶をとった


『 あれ、お母さんお花持ってきたの? 』



「 いいや、私じゃなくて伊ヶ崎くんからよ 」


お母さんが花瓶にいけたのは、ひまわりの花


昨日はそんなの持ってきてなかったのに‥‥



『 伊ヶ崎から‥‥‥。
あれ、そういえばいつ会ったの? 』



「 ‥‥さっきね、途中で会って渡してくれって言われたの 」



『 ふ〜ん‥‥‥自分で来いっての 』



私がそう言うと、なぜかお母さんが悲しそうに目を伏せた


「 ‥‥‥‥‥さぁ、お花もいけたことだしお母さんは行こうかな 」



『 え?!もう行くの?! 』


お花いけただけで帰るだなんて‥‥

ただでさえ一人で嫌なのに、


「 お母さんも仕事があってね‥‥
それに頭痛ひどいんでしょう?寝たほうがいいわよ 」


そう言われて、仕方なくベットに寝る



「 あ、それと‥‥最近夢みはどう? 」


お母さんが心配そうな顔をして聞いてきたのは、夢のこと


そもそも私が個人部屋に移動したのには理由があって、その理由が夢。


入院して何ヶ月たった頃か、悪夢を見るようになった


見るのはきまって同じ場面。

私がトラックにひかれるところ


それを見ていつもうなされてるから個人部屋に移してもらった



『 最近はあまり見てない‥‥ 』



「 そっか‥‥。
じゃぁお母さん行くね。少しは寝なさいよ? 」



『 はーい 』



私がそう返事したのを確認してお母さんは病室から出ていった



やることもないし、言われた通り寝てみよう


目を閉じると瞬く間に睡魔に襲われて、体がだんだんとベットに沈んでいく












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ ℳฺฺ ❥
❥ ℳฺฺ ❥
・ 再配布➝◎ 悪コメ➝☓ ・ ♡#ポプテピピック ♡パステル かわいい イラスト   ♡素材  ♡かわいい ♡吹き出し 背景透過 ♡フレーム かわいい ♡ハート 素材 ♡パステル ♡twice ナヨン ♡加工素材 ♡韓国語 ♡おめかしフォント ♡背景 ♡病みかわいい ♡セリフ 漫画 ♡サブカル ♡おしゃれ 海外
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る