無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

メンバー
俺は気づいてなかった。
翔琉と俺は違う。
勝手にフィッシャーズを継がせようなんて思ってたけど…
でも今はとにかく翔琉を探さねーと!
ピンポーン♪
マサイ
はーい。
ンダホ
どしたの〜!
こいつらは2人で住んでいる。
理由はだほが奇跡的に英語ができないから。
りょう
翔琉、来てねーか?
マサイ
来てないよ。
ンダホ
なんで〜?
りょう
喧嘩しちまってよ。家出しちまったんだ。
マサイ
やばくない?
りょう
おぉ。今日はあいつの誕生日なんだよ…
ンダホ
そっか…
りょう
じゃあな!
マサイ
おう!
ピンポーン♪
モトキ
りょうじゃん。どした?
りょう
翔琉、来てねーか?
モトキ
さっきまでいたよ。
モトキ
遊びに来たよーって。鬼ごっこでもしてるわけw
りょう
家出しちまったんだよ。
モトキ
そうだったの?ごめんな。俺があそこで引き止めてたら…
りょう
お前は謝る必要ねーよ。なんも知らなかったんだからな。
モトキ
ヨセミテ国立公園に行くって言ってたよ。あそこなら野宿できる。
りょう
あそこ、クッソ広いやんw
モトキ
そうだね…俺も行く!マサイとンダホも連れてこ!
りょう
おう!ありがとう!