無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

十四
〜帰還後〜


«調査兵団 本部»
ハンジ
やっと着いた〜
モブリット
だらし無いですよ分隊長
エルヴィン
まぁアレだけ長距離を走ったんだ,仕方が無いさ
リヴァイ
おい,お前ら
ハンジ
あぁ,リヴァイ…カグラが探していたよ
リヴァイ
そのカグラを探している,誰か見ていないか?
エルヴィン
私は見ていないが…
ミカサ
カグラさんなら,もう宿舎でお休みになられていますよ
ハンジ
だ,そうだよ?
リヴァイ
助かる(後で行ってみよう)





«カグラの部屋»
カグラ
はぁ…疲れた
カグラ
(ミカサに休めって言われて無理やり部屋に帰されたけど…片付けやっぱり手伝った方がいいよね…)
カグラ
よし,戻ろう
㌧㌧
カグラ
はい(ミカサかな?)
失礼します,ここはカグラ副兵士長の部屋で間違いありませんか?
カグラ
……はい,私がカグラですが…貴方方は一体
壁外調査から還ってきて直ぐですが…我々と共に来て頂きます
カグラ
…貴方方は一体何者ですか?
貴方を傷付けたくありません…抵抗せずに我々に着いて来てください
カグラ
お断りします,私の所存で決めれる事ではありませんから
……
カグラ
今日の所はお引き取り下さい
…分かりました,今回は諦めます
カグラ
今回はって事はまた来るんですか?
貴方が頷くまで来ますよ
カグラ
何回も来られても困ります…目的は分かりかねますが…もう来ないで下さい
……また来ます
カグラ
……なんだったのアイツら(あの兵団服,確か中央憲兵の…なんの用だったんだろう)
㌧㌧
カグラ
はい(今度は誰だろう)
リヴァイ
入るぞ?
カグラ
リヴァイ…片付けは終わったの
リヴァイ
残りは明日やるそうだ…今日はもう遅いからな
カグラ
そっか…
リヴァイ
お前はもう休むか?
カグラ
そろそろ寝ようかなって考えてた
リヴァイ
……じゃあ俺も今日こっちで寝る,動くのがダルくなってきた
カグラ
部屋隣じゃん…
リヴァイ
今日ぐらい別にいいだろ
カグラ
…まぁ別にいいけど
リヴァイ
ほら…
カグラ
(       )))))ゴソゴソ
リヴァイ
(つ-ω-(-ω-*)
カグラ
……あの兵長,すごく苦しいのですが
リヴァイ
今日はこれでいい…
カグラ
(あぁ…リヴァイの心臓の音が良く聞こえる)
カグラ
……生きてるよね
リヴァイ
俺は死なねぇ…お前を置いて逝けるかよ
カグラ
……うん
それからカグラはしばらくの間リヴァイの腕の中で泣いて,次の日には目の周りが赤くなっていた事をミカサとレフがとても心配するのでした…    



〜〜〜〜〜〜〜〜〜
用意は出来ているのか
あぁ…後はアイツを拐うだけだ
拐うのでは無い…彼女からこちら側に来るんだ
そうだったな…まさか,あんな手を使うとはな
そうでもしないと,彼女は動きそうに無いからね
また明日行くのか?
明日,ファイナルアンサーを聞くさ…彼女がNOと答えたら奥の手を使うさ
何人犠牲が出るか,見物だな
それは彼女に聞いてみないと分からないさ
まぁ明日に期待しておくさ
あぁ
続く