無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

ハロウィン Part3
その後…カグラ達は仕事はそっちのけでハロウィンパーティーの準備をしました

〜夕方〜
全員
出来た〜!!
ハンジ
いやぁ〜頑張った!!
カグラ
お疲れ様www
リヴァイ
どれも美味そうだ…
ミカサ
(カグラさん…可愛い)
レフ
(カグラさん…可愛い)
サシャ
美味しそうですね〜
エルヴィン
じゃあ,乾杯しようか
全員
カンパ〜イ!!
全員
(/◎\)ゴクゴクッ・・・
カグラ
さて…まずは
ハンジ
食べますか
カグラ
食べますよ
サシャ
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
コニー
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
アルミン
2人共…喉に詰まらせないでね😅
カグラ
沢山食べるのはいい事だよ
リヴァイ
お前はもっと食え,ただでさえ小さいんだ
カグラ
リヴァイに1番言われたくないセリフ…
ミカサ
カグラさんは小さくありません
レフ
そうです,周りがデカいんです
カグラ
遠回しに私が小さいって聞こえるんだけど…
2人
スミマセン…
ハンジ
言うねぇ〜www
エルヴィン
いい成長っぷりだ
リヴァイ
ジジくせぇぞ,エルヴィン
ミケ
(´ー`*)ウンウン
エルヴィン
( ̄Д ̄;) ガーン
カグラ
(´▽`) '` '` '`
ミカサ
あ,カグラさん…そろそろ
カグラ
そうだね,配ろうか
ハンジ
何を?
カグラ
は〜い,注目〜
これから私達からお菓子をプレゼントしま〜す!!
ミカサ
今日はハロウィンなので,カグラさん,私,レフの3人で作りました
レフ
1人1つはあるので,喧嘩しなくても大丈夫です
カグラ
お菓子,欲しい人〜
全員
( 'ロ')/'ロ')/'ロ')/'ロ')/!!!
カグラ
やっぱり全員だよね…じゃあ,私達が配るから座って待ってて
ハンジ
美味しそうだねぇ,何作ったの?
カグラ
クッキーとカップケーキ,カボチャ風味にしてみました
リヴァイ
美味そうだな
サシャ
美味しいです!!これ!!
ミカサ
良かった…(  ´ω`  )ホッ
クルス
あ,ホントだ美味しい…兄さん達も食べてみなよ
カムリ
……美味い
グログ
カボチャの味がする…入れたのか?
レフ
生地にカボチャを入れたから,その味かもしれない
そんなこんなで,あっという間に時間は過ぎました

〜カグラの部屋〜
カグラ
あぁ〜今日は楽しかったな〜
カグラ
(ミカサ達の可愛い格好見れたし…大満足)
㌧㌧
カグラ
はい(誰だろう…?)
リヴァイ
入るぞ
カグラ
リヴァイ,こんな夜中にどうしたの?
リヴァイ
いや,菓子の礼をと思って…コレを
カグラ
コレって…本?
リヴァイ
あぁ,この前言っただろ?今度オススメ教えるって
カグラ
あぁ,そう言えば言ってたね
リヴァイ
これが菓子の礼になるかは分からんが…これでいいなら
カグラ
ありがとう^^
リヴァイ
喜んで貰えたならいい…(可愛い)
カグラ
今日泊まっていけば?
リヴァイ
部屋隣だろう
カグラ
別にいいじゃん,今日は一緒にいたい気分なんです
リヴァイ
奇遇だな…俺もだ
カグラ
じゃあ,寝よ…私眠い
リヴァイ
あぁ,おやすみカグラ
カグラ
おやすみリヴァイ
以上,ハロウィン特別編でした!!