第20話

十七
1,721
2018/10/13 04:38
カグラ
えぇ〜今日はさっき言った通り,立体機動装置の訓練です
カグラ
何をするか,予想着くかな?
アルミン
また,鬼ごっこ…でしょうか?
カグラ
アルミン正解
レフ
そんなにキツイんですか?
ミカサ
私が最初カグラさんの班に入った時に一度やった
エレン
あぁ〜アレはビックリしたよな
カグラ
今回はこのメンバーだけじゃないよ
アルミン
他にも誰がいるんですか?
リヴァイ
俺だ
レフ
リヴァイ兵士長?!
カグラ
リヴァイは今日,午前中暇らしいから来てもらった
ミカサ
では……今回の鬼は
カグラ
私とリヴァイです
リヴァイ
全力で逃げろよ
カグラ班
Σ( Д ) ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙
カグラ
時間は3分です
ミカサ
短いですね…前回は5分でしたが
カグラ
今回は逃げれる範囲を狭くしたから
ミカサ
なるほど
カグラ
私達は貴方達が逃げた10秒後に追いかけます
リヴァイ
さっさと行け
エレン
今回は勝つぞ!!
アルミン
あぁ,勝とう
レフ
頑張ります!!
ミカサ
……(また勝負出来る)
カグラ
よーい,ドン!!
«3分後»
カグラ
今回も鬼の勝ちだね
アルミン
……始まって直ぐ…兵長の顔が目の前にあった
エレン
夢に出てきそうだな…
アルミン
止めてよ…本当に出てきそうだ
リヴァイ
おい,人の事を鬼みたいに言うな
カグラ
実際鬼だったでしょ
エレン
ミカサとレフはどうだったんだよ
2人
ドヨーン・・ ∥;|||( ´・ω・)||;|||
エレン
なんか…スゲー落ち込んでんな
レフ
あんなに速いとは…
ミカサ
まだまだ訓練が足りなかった…
カグラ
2人共ゴメンね,つい本気出しちゃって
リヴァイ
ミカサを捕まえる時だけだろ
カグラ
Σ(=ω=;)ギク
レフ
私は本気を出すに値しない…まだまだだな
ミカサ
本気で…でもまだまだ訓練が足りない
カグラ
リヴァイ!!余計な事余り言わないでよ!!
リヴァイ
別にいいじゃねぇか,これで自分の課題が見つかったんだしな
カグラ
まぁ,そうだけど
エレン
課題…ですか?
リヴァイ
そうだ
カグラ
エレンとアルミンは立体機動装置で余り戦闘しないよね?
2人
はい
リヴァイ
エレンは巨人の力が有るし,アルミンはその頭脳を生かしているな
カグラ
でも,いざって時にその力が使えなくなったら…
もしも,調査兵団全兵力を使って戦う事になったら
カグラ
その時に立体機動装置で動けなきゃ大変でしょ?
リヴァイ
その分,ミカサとレフは大したもんだ
ミカサ
ですが…
カグラ
一言言うとね,結構大変だったよ?捕まえるの
レフ
え?
カグラ
手を抜いてたら時間内に捕まえられないと判断したから,本気を出しました
2人
……
カグラ
だからそんなに落ち込むこと無いよ,2人は十分強いから
2人
はい
カグラ
午前中はこれで終わり!!
カグラ
午後は私は別件があるから,各自自主練ね
カグラ班
はい!!
カグラ
リヴァイ,今日はありがと
リヴァイ
暇だったからな
カグラ
お昼行こ,お昼
ミカサ
お腹空きました
エレン
今日はなんだろうな
ハンジ
カグラ〜
カグラ
ハンジ,どしたの?
ハンジ
君にお客さんだよ
カグラ
私に?
リヴァイ
カグラ,先食堂行ってるぞ
カグラ
うん
ハンジ
こっちだよ
カグラ
うん
ガチャ
ハンジ
失礼します,カグラ副兵士長を連れてきました
カグラ
失礼します
ナイル
君がカグラ…か?
カグラ
はい
ナイル
そうか…
カグラ
私に要件とは?
ナイル
単刀直入に言う,我々憲兵団に力を貸して欲しい
続く

プリ小説オーディオドラマ