無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Take1
例のシーン。
今から撮るんだ。
一番面白いのは、
もうクリスが
泣きそうってことだよねw
面白がっちゃいけないなw
よしっ…
トム
トム
スタークさん、僕だよ?ピーター・パーカーだよ?
トム
トム
ぼくたち、勝ったんだ。サノスに勝ったんだよ…(泣)
トム
トム
ごめん、トニー…
クリス
クリス
ダウニー…(泣)
ギュッ
ルッソ兄弟(監督)
ルッソ兄弟(監督)
カットw
ルッソ兄弟(監督)
ルッソ兄弟(監督)
クリス、ここで出てきちゃダメだy…
クリス
クリス
ダウニー…
ダウニー
ダウニー
大丈夫。大丈夫。まだTake1だぜ?
ダウニー
ダウニー
まだまだ次がある。
ルッソ兄弟(監督)
ルッソ兄弟(監督)
よし!Take2だ。
ダウニー
ダウニー
クーリースー!Take2だぞ。クリス?
クリス
クリス
😴
ダウニー
ダウニー
嘘だろ…?寝てるw
ルッソ兄弟(監督)
ルッソ兄弟(監督)
えぇ〜?クリス寝たのか?
ダウニー
ダウニー
はいw
トム
トム
ダウニー、キスしてみたら?www
そんなことを言ったのはMCU最年少の俳優トム・ホランド。

俺とは師弟関係の役でスパイダーマン役だ。
ダウニー
ダウニー
はぁっ?あのな、キスってのは本当に愛する人にしかやらないんだぞ?いいな?
トム
トム
はーいw
ルッソ兄弟(監督)
ルッソ兄弟(監督)
じゃあ、クリスが起きるまで休憩。
みんな
はーい
俺は、クリスのもとにいた。
だいぶ疲れてたんだな。
俺は誰もいないと思って、ずっとクリスの頭を撫でてた。
すると、急に視線を感じた。
振り返るとそこには、トムがいた。
トム
トム
ダウニーって本当にクリスのことが好きなんだね。
こんなことを言われてしまった。