無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

休憩所
あれから数時間経った。
お昼休憩になり、みんなは食堂に行った。
休憩所にいるのは、俺だけ。
その時だった。
クリス
クリス
やぁ、ダウニー。
ダウニー
ダウニー
おぉ。クリス。
クリス
クリス
次のパート、俺やばい。できない。
ダウニー
ダウニー
次のパートって…!
クリス
クリス
アイアンマンが、トニー・スタークが亡くなるシーンだ。
ダウニー
ダウニー
あのシーンか。きっと感動的になるだろうな。
クリス
クリス
俺、できないよ…(泣)
ダウニー
ダウニー
おい、おい。どうしたんだよ。なんで出来ないんだよ。
クリス
クリス
俺、ダウニーが死ぬとこなんて見たくない…
ギュッ
クリス
クリス
ダウニー…?
ダウニー
ダウニー
大丈夫。これはただの演技だから。お前も演技をするだけ。
クリス
クリス
でも…
ダウニー
ダウニー
大丈夫だって。
ダウニー
ダウニー
I love you 3000.3000回愛してる。
chu❤️
ダウニー
ダウニー
じゃあな。
そう言って俺はみんなのいるところに向かった。
さっきのクリス、
ダウニー
ダウニー
可愛かったなぁ…