無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

361
2020/10/29

第6話

6話
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
何飲む?
モモ
モモ
ミルクティーで
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
かしこまりました
座って待ってて😊
モモ
モモ
はい
モモ
モモ
(なんかここ落ち着くなー)
ジョングク
ジョングク
なんか頼んだ?
モモ
モモ
ミルクティー頼んだ
ジョングク
ジョングク
‪ꉂꉂ😆
モモ
モモ
なんですか
ジョングク
ジョングク
いやなんか意外だなーって思って‪w
モモ
モモ
何がですか
ジョングク
ジョングク
いやなんでもない
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
はいミルクティー
モモ
モモ
ペコリ(..  )
ジョングク
ジョングク
俺も同じの
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
かしこまりました
ジョングク
ジョングク
ここどう?
モモ
モモ
なんか良いですね
モモ
モモ
落ち着きます
ジョングク
ジョングク
でしょ〜
モモ
モモ
ここの常連みたいですね
ジョングク
ジョングク
ここのおっさんと俺の父さんが同級生でさよく来てたんだよ小さい頃から
ジョングク
ジョングク
初めて来た時から気に入ってさこの感じが
なんかあった時とかもいっつもここ来ておっさんに話聞いてもらったりしてた
モモ
モモ
へ〜
モモ
モモ
なんかいいですね
何でも話せる人がいるって
モモは外を見ながらそう言った
その時の横顔が本当に綺麗だった信じられないくらい
でもなんだか悲しそうな顔をしていた
ジョングク
ジョングク
モモもなんか話したかったら俺に話しなよ!
いつでも聞く
モモ
モモ
遠慮しておきます
ジョングク
ジョングク
え〜
俺なのに?
モモ
モモ
あなただけには絶対に頼りません!
ジョングク
ジョングク
(  ´•ω•`  )
モモ
モモ
( ¯−¯   )ふんっ
ジョングク
ジョングク
これぐらいは約束して?
モモ
モモ
なんですか
ジョングク
ジョングク
それ!
モモ
モモ
え?
ジョングク
ジョングク
敬語禁止
ジョングク
ジョングク
それから、あなたじゃなくてジョングクって呼んで!
モモ
モモ
無理です
ジョングク
ジョングク
敬語禁止って言ったでしょ!
ダメダメ
ジョングク
ジョングク
仲悪いみたいでしょ!
モモ
モモ
仲良くないから
ジョングク
ジョングク
いいからいいから
敬語禁止ね!
ジョングク
ジョングク
( *ˆ︶ˆ* )
モモ
モモ
(この人は信用してもいいの?)
モモ
モモ
考えてみます
ジョングク
ジョングク
えー
それから1時間ぐらい彼と話していた
ジョングク
ジョングク
そろそろ帰るか
モモ
モモ
はい
会計をして
ジョングク
ジョングク
おっさんじゃーねー
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
おう!
モモ
モモ
ご馳走様でした
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
また来てください😊
モモ
モモ
ペコリ(..  )
私たちは店を出た