無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

408
2020/08/02

第5話

5話
登校中
モモ
モモ
(あの人に会いたくないなー)
ジョングク
ジョングク
おはよー
モモ
モモ
Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ!!
ジョングク
ジョングク
何〜
そのあからさまに嫌って感じの顔ー
モモ
モモ
いえ
モモ
モモ
というかなんで私に話しかけるんですか
ジョングク
ジョングク
なんで
モモ
モモ
だって私昨日大嫌いって言ったじゃないですか
モモ
モモ
酷い事言ったんですよ
ジョングク
ジョングク
あー
ジョングク
ジョングク
それ気にしてるの?
もしかして心配だった?
モモ
モモ
違います!
ジョングク
ジョングク
じゃあなんでそんな事言ってくるの?
モモ
モモ
なんとなくです!
モモ
モモ
それじゃあ私はお先に失礼します
ジョングク
ジョングク
あっちょっと待ってよー
モモ
モモ
無視
ジョングク
ジョングク
待ってよー
教室に到着
あみ
あみ
ジョングク様おはようございます♡♡
ジョングク
ジョングク
無視
あみ
あみ
無視された
あみ
あみ
(睨)
あみ
あみ
あいつのせいで
あみ
あみ
絶対許さないんだから
モモ
モモ
(なんか睨まれてる気が)
あみの方を見ると睨まれていた
モモ
モモ
ゾクッ
鳥肌が立った
モモ
モモ
見ないようにしよう
それをジョングクは見ていた
ジョングク
ジョングク
(あみには要注意だな)
放課後(めっちゃ飛ばした(ノ≧ڡ≦)☆)
ジョングク
ジョングク
モモーー
モモ
モモ
無視
ジョングク
ジョングク
モモモモモモモモモモモモモモモモ
モモモモモモモモモモモモモモモモ
モモ
モモ
なんですか
ジョングク
ジョングク
やっとこっち向いてくれたー
ジョングク
ジョングク
学校でもずっと無視してくるしさー
ジョングク
ジョングク
悲しかったんだぜー俺ー
モモ
モモ
なんの用ですか
ジョングク
ジョングク
俺とデートしよ!
モモ
モモ
お断りします(即答)
ジョングク
ジョングク
よし!行こう!!
グイッ
モモ
モモ
あっちょっと
ジョングクはモモの言葉も聞かずに引っ張って走った
モモ
モモ
私断ったんですけど
ジョングク
ジョングク
えっ?なんて?
ジョングク
ジョングク
聞こえなーい
モモ
モモ
だから嫌だって言ってるんです!
ジョングク
ジョングク
聞こえないなー
モモ
モモ
(もういいや)
ジョングク
ジョングク
着いたー
モモ
モモ
😵💦
ジョングク
ジョングク
アハハ
疲れたでしょ?
モモ
モモ
当たり前です
モモ
モモ
ここですか
ジョングク
ジョングク
そう
そこは小さい喫茶店だった
ジョングク
ジョングク
よし入ろう!
モモ
モモ
待ってよ
ジョングク
ジョングク
こんにちはー
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
おー
ジョングクじゃないかー
ジョングク
ジョングク
おっさん久しぶり〜
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
元気にしてたかー?
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
全然来ないから死んだんじゃないかと思ったよ
ジョングク
ジョングク
俺が簡単に死ぬわけねーだろー
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
そうだな
笑笑笑笑笑笑笑
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
ところでそこのお嬢ちゃんは新しい彼女か?
モモ
モモ
ちがっ
ジョングク
ジョングク
今は彼女じゃないけど彼女になる予定の子😊
そう言って私を引き寄せた
モモ
モモ
違いますから!
私は急いで離れた
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
( ゚д゚)
モモ
モモ
なっなんですか
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
あっいや
喫茶店のおじさん
喫茶店のおじさん
ジョングクを嫌がる女の子なんて見た事ないからね
少し驚いてしまってすまないね
モモ
モモ
そうですか
ジョングク
ジョングク
俺トイレ行ってくるわー
ジョングクがトイレに行っておじさんと2人きりになった