第77話

76話
692
2022/09/19 03:00



家に帰ると、春千夜くんが既に帰宅していた。



『今日今朝言ってた歯磨き粉かってきたよ〜』



そういうと、ありがとうといって自分で洗面台まで歯磨き粉を置きに行った春千夜くん。



『あ…そういえば』



はっと思い出して口にした。




『場地さ、元気にやってる?』




私がそう言うと春千夜くんの手がピタッと止まった。




春千夜「…場地と話したのかよ」




『え?まぁ…うん』




春千夜「今なぁ…場地さ、、色々と渦中の奴なんだよ…」





『え?!またなんか問題でも起こしたの?』






春千夜「いや…今回はワケがちげえ。場地のやつ、あいつ…」















" 東卍抜けて芭流覇羅にいっちまったんだよ "






『………え?』








あんなに、あんたなに東卍が好きで仕方がないといった顔をしていた場地が……?




なんだか呆気に取られてしまった。





ねぇ、もしかして場地はそのことを背負っているからあんな表情を____ .







そう考えるとなぜか胸が痛かった。







next.






〘つきの呟き〙


こちらで友達随時募集しているのでもし良ければ…


またこちらの小説では新作情報、日常雑談、悩み事、企画etc……色々呟いておりますので暇つぶしなどにどうぞ💭





待ってますねん♡♡



つき.


プリ小説オーディオドラマ