プリ小説

第4話

知念の密かな恋心
僕には愛する女性がいる。

相手は、そう。

葵ちゃん。

子供の頃からの付き合いの涼介の愛する人。



それに

葵ちゃんも涼介の事を凄く愛している。

その気持ちを涼介に言えない理由も、心の内も僕には話してくれる。

そりゃ、時々胸が締め付けられるけど。

それでいいんだ。

僕は葵ちゃんが幸せになれればそれでいい。



僕と二人で飲んだりしても、絶対にあんな風には酔わない。


きっとあの姿は涼介にだけ見せる姿だ。



後は二人でヨロシクやってくれー(笑)








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ショウジュン
ショウジュン
山田涼介くんのお話を書いています。