無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

さんじゅうはちわー
(なまえ)
あなた
うぅ…
(なまえ)
あなた
う、うん。
さとみくん
さとみくん
2人で見るか?
花火の時間
(なまえ)
あなた
そろそろ始まるのに…みんなどこだろ…
さとみくん
さとみくん
ど既読にもなんねーし、電話にも出ねぇ…
(なまえ)
あなた
ここ、見えそうだよ!
さとみくん
さとみくん
そうだな。
(なまえ)
あなた
うぅ…夏とはいえ、寒いっ!
手を掴み
自分のポケットに入れた。
温もりシェアしてる〜🎶(by,作者)
バーン
(なまえ)
あなた
わぁ✨
綺麗…✨
さとみくん
さとみくん
だな。(俺にはあなたの方が綺麗に見えてるけど…花火の光で輝いてる瞳が…いつもよりめちゃくちゃ綺麗に見せてる…いつも綺麗だけど…もっと…)
(なまえ)
あなた
あっ!ハートの花火!
さとみくん
さとみくん
・・・。
抱きしめた
(なまえ)
あなた
?!⁄(⁄ ⁄>⁄-⁄<⁄ ⁄)⁄
さとみくん
さとみくん
好きだよ。あなた…
(なまえ)
あなた
私も…好き…⁄(⁄ ⁄>⁄-⁄<⁄ ⁄)⁄
さとみくん
さとみくん
(可愛い)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遠井さん
遠井さん
はぁみんなどこよ!
ジェルくん
ジェルくん
きゅうにどっか行った…
遠井さん
遠井さん
既読つかないし…電話も出ないし…
ジェルくん
ジェルくん
どうしたんやろ
遠井さん
遠井さん
知らないわよ
ジェルくん
ジェルくん
(ここは…俺がリードするとこ?)
ジェルくん
ジェルくん
あの…さぁ…
遠井さん…二人で見に行っちゃう?
遠井さん
遠井さん
そうだね…(一瞬…ほんの一瞬だよ?!ジェルのことがかっこよく見えた…)
ジェルくん
ジェルくん
あの…さ、遠井さん…
寒いから…手、握っていい…?
遠井さん
遠井さん
えっ⁄(⁄ ⁄>⁄-⁄<⁄ ⁄)⁄
いい…けど(/// ^///)
ジェルくん
ジェルくん
遠井さんの手…暖かい…
遠井さん
遠井さん
・・・
ドーン!バーン!
遠井さん
遠井さん
わぁ…始まった✨

綺麗…✨ねっ!ジェル!(ニコッ)
ジェルくん
ジェルくん
┣¨キ ッΣ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡
ジェルくん
ジェルくん
遠井さんも…綺麗だよ…
遠井さん
遠井さん
えっ…⁄(⁄ ⁄>⁄-⁄<⁄ ⁄)⁄
ジェルくん
ジェルくん
好きだよ…遠井さん…
いや、あかね…
遠井さん
遠井さん
えっ…(下の名前って久しぶりかも。)
遠井さん
遠井さん
・・・
ジェルくん
ジェルくん
付き合ってください。
あかね。
遠井さん
遠井さん
・・・はい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なーくん
なーくん
めちゃくちゃ焦ってる( ˆωˆ )ニヤニヤ
莉犬くん
莉犬くん
上手くいってるといいなぁ
その目は少し…寂しそうに見えた…
ころんくん
ころんくん
僕応援しないもん!
るぅとくん
るぅとくん
ころちゃん…
るぅとくん
るぅとくん
ころちゃん、ころちゃんはモテるから…
いい人他にもいますよ。
もう一本チョコバナナ奢りますから、元気だしてください。
ころんくん
ころんくん
るぅとくぅぅぅん(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
なーくん
なーくん
( ◜ᴗ◝)
我が子の成長を見守るようなお母さんの目のようだった…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
短かったなぁ…
850文字か…すみません( ̄▽ ̄;)

次、お楽しみにぃー
さとみくん
さとみくん
おつさと!