無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

SixTONESとシェアハウス~部④
森本慎太郎
森本慎太郎
じゃあね俺は右の部屋で!
髙地優吾
髙地優吾
じゃあ次は俺ね!うーんとねー!じゃあ左の部屋で!
京本大我
京本大我
?そういえばもう一個の一人部屋ってどっち?
田中樹
田中樹
左!
髙地優吾
髙地優吾
あ!まじ?wまあいいや!
京本大我
京本大我
じゃあ俺はさっきあなたちゃんと一緒になりたいって言ったからあなたちゃんとジェシーと同じ部屋で!
田中樹
田中樹
じゃあ〜俺は最後に残った慎太郎と一緒の右の部屋ね!
髙地優吾
髙地優吾
あー!やっと決まったー!
(なまえ)
あなた
でも何かSixTONESさん達らしくていいと思います!
森本慎太郎
森本慎太郎
えーなんかありがとう!😊
森本慎太郎
森本慎太郎
そういえばあなたちゃんさ俺達の事何て呼んでた?教えて!
(なまえ)
あなた
えーと京本さんはきょもで、田中さんは樹で、ジェシーさんはジェシーで、森本さんは慎ちゃんとか、慎太郎で、髙地さんは髙地君とか髙地で、松村さんはほっくんとか北斗って呼んでました!
森本慎太郎
森本慎太郎
おー!何かさ俺ら敬語慣れてないから気軽に呼んでくれていいんだよー!これから毎日一緒なんだし!
(なまえ)
あなた
わかりました!
髙地優吾
髙地優吾
じゃあ改めてこれからもよろしくね!
(なまえ)
あなた
はい!

ここからSixTONESのメンバーとの生活が始まります!

私も頑張って描きますので是非応援よろしくお願いします!

ここから恋愛が始まってくるかも〜!

是非ご覧ください!