無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第62話

#
  私は計画を立てた。



安い アパートを借りて 少しずつ



荷物を減らしていった。 ばれないように、













テヒョンは相変わらず 


ほかの女とほっつき歩いて


帰ってくるのは朝方で、私の顔をまともに


しばらく見てないんだろう、 この間


朝、お腹痛くて 早く目が覚めた。



そしたら、、、
TH
TH
  わぁ、あなたか、 
TH
TH
  久しぶりにみた。
ぎゅってされたけど、嬉しくなくて



むしろ離れて欲しかった、だって、、、











嗅ぎたくもない 女のにおいがするから、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

고  기
고 기
※受験nowです。受験終わるまで待っててください 元 찜( チ ム ) 浮 気 す る な よ 推 し 様 が と て つ も な く 尊 い で す _______________ 綺 麗 な 流 れ 星 と 愛 の ハ ー ト が 好 物 フ ォ ロ ワ ー さ ん に 愛 を 育 む フ ァ ン マ → 🗝 🍰 と り ま マ イ ペ ース 作 成 で 行 き ま す() コメント と か し て く れ た ら 飛 び 跳 ね ま す ゆ っ く り 返 し て き ま す Instagram ▷▷ v_ka.rina_v
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る