第11話

10
194
2024/01/04 14:37
ある日のことだった
(なまえ)
あなた
ちょっと滞在期間長すぎたかしら…
私はやることがなくて仕方がなかった
仕方なくのんびりと廊下を歩いていると…
ガタガタガタ
ウィーンウィーン
(アナウンス)地震です
(なまえ)
あなた
きゃっ!?
地震!?
(なまえ)
あなた
しゃがまなきゃ…
数分後
(なまえ)
あなた
揺れおさまったみたい…
すると、
プチッ
(なまえ)
あなた
……!?
あたりが暗くなった
(なまえ)
あなた
停電…!?
と、とにかく一階に行かなきゃ!!
しかし…真っ暗だ
(なまえ)
あなた
あ、スマホ…
私はポケットからスマホを取り出し
スマホのライトをつけた
(なまえ)
あなた
これで一階まで…
っと思ったけれど…ちゃんと見えないから
一階の行き方分かんない…
どうしよう
すると…
ガタッ
(なまえ)
あなた
……!?
??
ううっ…
(なまえ)
あなた
だ、誰かいるの!?
私は声のする方向にライトを向けた
永瀬廉
永瀬廉
……!?
すると、廊下の隅で怯えている廉を発見した
(なまえ)
あなた
廉…?
永瀬廉
永瀬廉
あなたの下の名前…
永瀬廉
永瀬廉
何やってんの
(なまえ)
あなた
いや、こっちのセリフなんですけど
(なまえ)
あなた
そんなところで…何してるの?
永瀬廉
永瀬廉
別に?
(なまえ)
あなた
あ、そう…
この人…ライトなくて
動けなくなってたな…
従業員のくせに…
(なまえ)
あなた
じゃ、私一階へ行くから
すると…
永瀬廉
永瀬廉
待ってや…!
廉は私の腕を掴んできた
(なまえ)
あなた
な、何するの…!?
永瀬廉
永瀬廉
俺…暗いとこ苦手やねん…
1人で行動…できひん
(なまえ)
あなた
……え?
永瀬廉
永瀬廉
従業員として失格なんは分かってる
でも…お願いや
一緒に一階へ行こうや
(なまえ)
あなた
………
しょうがないなあ…
(なまえ)
あなた
……いいよ
流石に1人は可哀想だし
永瀬廉
永瀬廉
……!
永瀬廉
永瀬廉
ありがとうな
この人から…心のこもったお礼とか…
言ってもらえるの初めてだ
(なまえ)
あなた
ふふっ🤭どういたしましてニコッ
永瀬廉
永瀬廉
……!////
………
(なまえ)
あなた
次、どっち行けばいいか分かる?
永瀬廉
永瀬廉
……ここの階段を下りる
(なまえ)
あなた
……え、
ここ…さらに不気味なとこじゃん…
でも、行くしかない
(なまえ)
あなた
今さ…何階くらいなんだろ
永瀬廉
永瀬廉
多分5階くらい
(なまえ)
あなた
……そっか
この階段怖い…
それにみんな…一階にいるのかな
1階に行って真っ暗で誰もいなかったら…
(なまえ)
あなた
………
数分後
永瀬廉
永瀬廉
……あ、ここで最後や!
(なまえ)
あなた
やっとだ…
私は少し怖かった
(なまえ)
あなた
(みんな大丈夫かな?)


ガチャ
………
ロビーに行くと…
平野紫耀
平野紫耀
……あ、廉!
永瀬廉
永瀬廉
紫耀…!
(なまえ)
あなた
みんな…
佐藤勝利
佐藤勝利
あなたの下の名前ちゃんだ!
髙橋海人
髙橋海人
支配人!あなたの下の名前ちゃんですよ!
(なまえ)
あなた
ああ…グスッ
みんないる…
良かった…
増田貴久
増田貴久
あなたの下の名前ちゃん!
(なまえ)
あなた
まっすーさん…
(なまえ)
あなた
ううっ…グスッ
増田貴久
増田貴久
……!
増田貴久
増田貴久
怖かった…?
私はまっすーさんの匂いに安心した
(なまえ)
あなた
階段の辺りから怖くて…グスッ
みんないなかったらどうしようって…グスッ
(なまえ)
あなた
怖かった…グスッ
増田貴久
増田貴久
ギュッ
増田貴久
増田貴久
もう大丈夫だよ
増田貴久
増田貴久
俺たちみんないるから…
私はまっすーさんの胸の中で泣いていた
…………
廉side
中島健人
中島健人
廉!大丈夫か?
永瀬廉
永瀬廉
健人くん…まあ、平気っすよ
平野紫耀
平野紫耀
良かったよ無事で!
それより…
俺は見てしまった
支配人があなたの下の名前を抱きしめたところ
あなたの下の名前もそれを受け入れていた
永瀬廉
永瀬廉
………
何やこの気持ち
心の奥でズキズキしてるわ…

プリ小説オーディオドラマ