前の話
一覧へ
次の話

第1話

ぼくは
31
2022/07/28 10:53
ユウヤ
ユウヤ
(ぼくは、どこで、間違えんたんだろう)
ユウヤ
ユウヤ
(レイヤやサーヤのようにマテリアルとしての学校生活。仲間との絆。マテリアルとして生まれてきたらあたり前のこと、悪魔を倒すこと)
ユウヤ
ユウヤ
ぼくは、倒される側だけど
ユウヤ
ユウヤ
(でも、もしも普通の生活を遅れたなら、ぼくは、)
サーヤ
サーヤ
お兄さん
サーヤ
サーヤ
お兄さん!
ユウヤ
ユウヤ
(サーヤがはじめって心からお兄さんと読んでくれた、)
ユウヤ
ユウヤ
(まぁ、いつも嫌われるような言動や行動ばかりしていたから同然か)
ユウヤ
ユウヤ
(さて、ぼくはそろそろ終わりかなぁ。こんな、ぼくは、短い人生だったけど楽しかったなぁ。サーヤには、最後に心からの「お兄さん」が言ってもらえたから。)
ユウヤ
ユウヤ
「レイヤ、起きろ!姉をサーヤを助けたいんだろ?それは、ぼくの役目じゃない。お前がレイヤが」
レイヤ
レイヤ
「それれで、いいのか?」
ユウヤ
ユウヤ
お前が、サーヤを守って…くれ

プリ小説オーディオドラマ