無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

72
2021/01/09

第2話

性癖1「ツンデレ」(びーえる)
作者(蓮茶)
作者(蓮茶)
待ってこれ性癖なのか?
今回もアイコンタップしてね。この小説では、よっぽどの事がない限り自己紹介無いです。┏○ペコッ
────────────────────────
朝6時半。
ジリリリリリリリリ

けたたましい程に目覚ましが鳴っている。
海斗
海斗
んん……(起きる)
海斗
海斗
(スタスタスタ)
手際良く僕は朝食を作っていく。
──────────────────────
朝6時半
本当は俺はもうとっくに起きていた。
…………海斗が起きる前から。
綾
……(俺の恋人が今日も可愛いすぎる)







朝7時。そろそろ海斗が起こしに来る時間。
海斗
海斗
綾。起きて……?
綾
ん〜…………?
海斗
海斗
朝だよ。ご飯……できてるから。
俺は海斗を抱き寄せた。(語彙力無)
海斗
海斗
……!
綾
ぎゅー。好きでしょ?
海斗
海斗
…ブンブン(首を振る)
綾
……………………そ。
俺は海斗から離れ、洗面所へ向かう。わざと冷たいような態度をとったのだ。本当はこんなことしたくない。



だって知ってるから。この後海斗が「ツンデレ」の「デレ」になることを。(俺も若干ツンデレよりなのか……?)
綾
バシャバシャ(顔を洗った音)
綾
……(先に飯か。)
カチャカチャ(朝食を食べている)
海斗
海斗
……。(綾に何かしたのか僕は……?)
綾
……(フツーにすげぇ美味い)
2人とも食べ終わり
綾
……ごちそうさま
スタスタスタ(再び洗面所へ)
海斗
海斗
……(シュンってする)
海斗は自分の部屋に行き
海斗
海斗
ふぇっ……僕…何かしちゃったんだ……グスッ
目が涙で少し腫れてしまった。
海斗
海斗
スタスタスタ(綾のいる洗面所へ)


















…………ギュゥゥゥ(後ろから)
綾


















………………。どしたん








本当は抱き返したい(語彙力ゥゥゥ)……気持ちを押し殺している今の俺にはこう返すのが精一杯だった。、
海斗
海斗



僕っ……綾に何かしちゃっ……てっ……(号泣)
海斗
海斗
ごめ……っ……なさいぃっ……
────────プッチーン────────



俺は海斗を強く強く抱きしめた。
海斗
海斗
あやっ……くるしっ……
綾
海斗……ごめんな?俺…………
海斗
海斗
違うっ……悪いのはっ…僕だから……だからっ
綾
……なんでそんな事言うの?
海斗
海斗
……首振ったのは…もっと構って貰えるかなって思ってたのっ……だからっ…全部僕がっ……
綾
俺も……わざと冷たくしたら…どんな反応すんのかなって……マジでごめん
海斗
海斗
……綾の方が悪質じゃん。
2人で笑いあったとさ。←
綾
好きだよ、海斗
海斗
海斗
………ッ…僕は……綾のこと……
海斗
海斗
………………
綾
(ちょっと期待)
海斗
海斗
好きじゃないから。……(-ω-´  )プイ
綾
il||li_| ̄|○ il||li
綾
(ガーン)⤵︎⤵︎⤵︎
海斗
海斗
……ダイスキ…ダカラ……(ボソッ

綾
…何か言った……?
海斗
海斗
……ッ何も言ってない。
本当はばっちり聞こえてたよ、海斗
綾
ヤバッ時間!!!学校遅刻するッッッッ
海斗
海斗
えっ!?早く言ってよ!
ドタバタドタバタ


























2人で慌てて家を出た。たまにはこんな忙しい朝もありかな。

























綾
早く!走れってw遅れるで!
海斗
海斗
ハア…ハア……ま、まってーーーー!
































































































































































──────────────────────
どうでしたかね?よかった?よかった?よかった?どう?どう?どu((((殴 しつこい
ツンデレなのかこれ…………



ツンデレっていいよね(話逸らす)

じゃ、
作者(蓮茶)
作者(蓮茶)
ばいちゃっ!