無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# Memory*3
湊くんに抱き締められて、、すごくドキドキした。

はじめてなはずなのに、どこか懐かしくて。

ここにたくさんの"想い出"があったんじゃないかと思うような・・・

そんな心地よさがあった。


----------------------------------
湊 翔
今日は帰るな。また明日くるから
木柄詩 神澄
うん。でも、明日は学校でしょ?部活とかは大丈夫なの?
湊 翔
明日は部活OFFなんだ
木柄詩 神澄
バスケ?
湊 翔
よくわかったな(笑)
木柄詩 神澄
そんな感じしたから(笑)
私の前で笑顔になる湊くん。

それを見てつられる私。

彼の瞳に私が映っている。

透き通った、純黒の瞳に。















あの瞳に私が映る間に記憶が戻ればいいなぁって思ったことは



今はまだ湊くんには  ヒ・ミ・ツ 笑


----------------------------------
湊 翔
んじゃ、またな
木柄詩 神澄
うん。またね
湊くんが病室をでると、やはり急に寂しくなる。

なにか思い出せるかもとおもい、スマホを手に取り起動させる。

LINEを開いてみんなとのトークを見ると


"Kakeru"


とのトークが一番上にあった。



か、ける・・・?

もしかして、湊くんかな?

そうしてトークを開くと、中には驚きのトークしかなかった。





        4/28

Kakeru
追加しました。同クラの湊です。
神澄😋kasumi
追加しました!木柄詩です
           6/18
神澄😋kasumi
文化祭の実行委員これそう?!
Kakeru
すまん。今からいく
           6/19
神澄😋kasumi
湊くん。今日は色々と押し付けてごめんね
Kakeru
いや、俺もあんまできてないからお互い様だろ
神澄😋kasumi
ありがとう。そういってもらえると嬉しい
Kakeru
明日、放課後やるのか?
神澄😋kasumi
うん!今やんないと終わんない💧
Kakeru
おけ。んじゃまた明日。
神澄😋kasumi
おやすち
Kakeru
ww
神澄😋kasumi
おやすみっ!
Kakeru
おやすちww
神澄😋kasumi
もう!
Kakeru
わるいわるいwおやすみ
神澄😋kasumi
おやすみ
           6/28
Kakeru
明日だな。
神澄😋kasumi
ほんとだね
Kakeru
一緒に回らないか?
神澄😋kasumi
いいの?なら一緒に回りたいっ!
Kakeru
ありがとう。明日、かんばろうな
神澄😋kasumi
うん!頑張ろう‼
          6/29
神澄😋kasumi
ほんとに、回れるの?
Kakeru
すまん。無理かも
神澄😋kasumi
だよね、、湊くんみんなに頼られてたし。。。
Kakeru
いや、まて、いける
神澄😋kasumi
いいよ。無理しないで。他の子と回るから😁
Kakeru
あと、五分だけそこにいてくれ
神澄😋kasumi
今日はありがとう。
神澄😋kasumi
あと、お疲れ様
Kakeru
待たせて悪かった。
神澄😋kasumi
うんん。わざわざ来てくれてありがとう
神澄😋kasumi
すごく楽しかったよ
Kakeru
俺も、楽しかった。
Kakeru
それに、実行委員も木柄詩となれてよかった。
神澄😋kasumi
ほんと?嬉しいな
神澄😋kasumi
わたしも湊くんとなれてよかったよ
Kakeru
そういってもらえるとやったかいがあるな
神澄😋kasumi
ほんと?
なら、また明日
Kakeru
学校でな
                 3/21
神澄😋kasumi
明日、会えない?
Kakeru
部活終わりなら会える
神澄😋kasumi
それからでいいから、会いたいです
Kakeru
なら、4時に学校で
神澄😋kasumi
わかった
神澄😋kasumi
我儘でごめんね
Kakeru
いや、そんなことない。
Kakeru
修了式なのに、4時になんて俺の方が迷惑だろ
神澄😋kasumi
うんん!そんなことない!
神澄😋kasumi
あって、話したいことがあるから
Kakeru
それって何分くらい?
神澄😋kasumi
10分もいらないよ?
Kakeru
なら、みんなで解散したあとの10:45でもいいか?
神澄😋kasumi
うん。わたしはいいけど、、湊くんは大丈夫なの?
Kakeru
部活は11:30からだから大丈夫だ。
Kakeru
場所はどこ?
神澄😋kasumi
学校の裏庭にこれる?
Kakeru
わかった。また明日
神澄😋kasumi
うん。また明日。
          3/22
Kakeru
まさか、告白だとは思わなかったな
神澄😋kasumi
あのね、すごくドキドキしたんだよ?!
Kakeru
めっちゃ可愛かったww
神澄😋kasumi
またバカにして!
Kakeru
バカにしてないし。それに嬉しかった。
Kakeru
神澄に告白してもらえて
神澄😋kasumi
わたしも🆗もらえたときは嬉しかったよ~
Kakeru
そっか。よかった。
神澄😋kasumi
うん!
Kakeru
ほんとにありがとう
Kakeru
おやすみ
神澄😋kasumi
おやすみ
----------------------------------
え、、、告白?

オッケー??

私たち、付き合ってたの?
木柄詩 神澄
うそ、、、でも湊くんそんなこと・・・
"もしも、神澄の記憶が戻らなくても、俺は神澄の隣にいたいから。"
あの意味、、、


まさか、こういうこと?

なら、どうして、、、、
木柄詩 神澄
どうして、教えてくれないの・・・湊くん・・・

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桜 牡丹餅 *❀٭
入賞者バッジ
桜 牡丹餅 *❀٭
tap please ❥❥❥ 桜 牡丹餅*❀٭ ❄今年の目標❄ 新しい種類の小説にチャレンジ👑 ᵃⁿᵈプリコンで入賞👑 達成💮 第6回プリコン:準グランプリ👑 恋愛相談アプリ 《更新中》 クッキーに想いをのせて -続編- お面の君と私の想い 短編小説集 《完結》 〜夏時雨〜両思いをこじらせている2人[完] 運動少年と文学少女。《完》 お届けものです。~完~ クッキーに想いをのせて〔完〕 恋愛相談アプリ 《完》 想い出がここに。 *the end*
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る