無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

💧🥀
授業が終わりお昼になった





チャン
チャン
ウォヌ行くぞ〜
you
you
早くしてよ
ウォヌ
ウォヌ
ごめん、性格上急げないんですよねw
you
you
ムカつくな…
チャン
チャン
まぁ、ウゼェやつら来る前にさっさと食おうぜ
ウォヌ
ウォヌ
そうだな、早く行くぞー





屋上に到着〜





チャン
チャン
ごめん、俺売店行ってくるわ
you
you
お前は何故さっきのタイミングで行かなかった
チャン
チャン
別にいいだろ!
you
you
さっさと行ってこいや
チャン
チャン
マッハで行ってやるよ!
ウォヌ
ウォヌ
お前らはほんと、仲良いんだか悪いんだか…





この3人でいると幸せな気持ちになれる。一生この時間が続けばいいのになって時々だけど考える





チャン
チャン
ただいまの助‼︎
you
you
何それ⁉︎ww
ウォヌ
ウォヌ
お前、ほんと笑いのツボ浅いよな
you
you
笑笑
チャン
チャン
もっと、笑い始めたぞ
you
you
笑笑
ウォヌ
ウォヌ
これ一生放置したけばずっと笑ってるんじゃね?
you
you
はぁ〜、疲れたぜ☆
チャン
チャン
ほんと女っぽくねーな
you
you
うるせぇ
ウォヌ
ウォヌ
でも、ぶりっ子よりはマシだろ
you
you
さすがウォヌ!分かってる〜
ウォヌ
ウォヌ
いや、褒め言葉でも無いけどな
you
you
ぶー(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
チャン
チャン
きもっw
you
you
ぴえん🥺
ウォヌ
ウォヌ
ぴえん使うなや
チャン
チャン
食べ終わった‼︎
you
you
早いな…
ウォヌ
ウォヌ
俺も
you
you
私が遅いのか?
チャン
チャン
その通り





そして、昼休みが終わった…