無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

💧🥀
そして、教室に戻ってウォヌの方を見てみると女子と話していた





ジユン
ジユン
ねぇねぇ、ウォヌくん〜♡
ウォヌ
ウォヌ
どうした?😅
ジユン
ジユン
あなたちゃんと仲良いってほんと?





その質問するなんて、多分ジユンちゃんは私の気持ちだけじゃなくて私が今見ている事も気づいてるでしょ?





ウォヌ
ウォヌ
あー、女子で話しやすいって言うか一緒にいて落ち着くんだ
ジユン
ジユン
へー
チャン
チャン
ウォヌ何の話?
ジユン
ジユン
あっ、チャニくん♡
ウォヌ
ウォヌ
あなたと仲良いのって聞かれてて
チャン
チャン
仲良いよ。普通に
ジユン
ジユン
そ、そうなんだね…
ウォヌ
ウォヌ
そろそろ先生来るんじゃね?
チャン
チャン
もう席行くわ。じゃ、放課後な
ウォヌ
ウォヌ
ん





チャニのナイスフォローもあって、ジユンちゃんはその後の授業中はうざく話しかける事もなかった