無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

🎩🥀
そして、ウォヌの家でお世話になったが、とうとう帰ることになった





ウォヌのオンマ
あなたちゃん、またいつでも泊まりに来てね😊
you
you
はい!
ジョングク
ジョングク
ヌナ、またね〜
you
you
じゃあね😊
ウォヌのオンマ
ウォヌ、送っててあげなさい!
ウォヌ
ウォヌ
わかってるよ。言われなくてもそうするつもりでした
ウォヌのオンマ
まったく…
you
you
本当にお世話になりました。
ウォヌのオンマ
うん、また来てね
you
you
はい!お邪魔しました
ウォヌのオンマ
じゃあね😊





そして、ウォヌに送っててもらってる最中に…





you
you
ウォヌ、本当にありがとう
ウォヌ
ウォヌ
いや、俺は何にもしてないよ
you
you
そう?w
???
あれ、あなたちゃん?
you
you
あっ、ジョシュア先輩!
ジョシュア
ジョシュア
昨日ぶり〜
you
you
そうですねw
ジョシュア
ジョシュア
あれ、ウォヌじゃん
ウォヌ
ウォヌ
あっ、シュアヒョン
ジョシュア
ジョシュア
もう、部活にしばらく顔出してなくて心配したんだから
ウォヌ
ウォヌ
正直、部活はだるいですよ
ジョシュア
ジョシュア
そんなこと言わずに
ウォヌ
ウォヌ
とにかく、俺は大会にも出ませんから!
ジョシュア
ジョシュア
そんな〜w
you
you
ウォヌって部活に入ってったっけ?
ウォヌ
ウォヌ
俺は仮部員だけど陸上競技が得意だからよく助っ人として出てる
you
you
へー
ジョシュア
ジョシュア
とにかく、一回来なさい!
ウォヌ
ウォヌ
へーい
ジョシュア
ジョシュア
じゃあね
you
you
はい!それではまた





そして、ジョシュア先輩が去っていったあと





ウォヌ
ウォヌ
昨日、シュアヒョンに会ったの?
you
you
まぁね
ウォヌ
ウォヌ
ふーん。あっ着いたぞ
you
you
心臓の音が半端ない…
ウォヌ
ウォヌ
ファイティン
you
you
えー😭
ウォヌ
ウォヌ
とにかくまたな
you
you
うん、また今度ね





私、今から家に入るのまじ怖いんだけど