無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

おうちで
 
嶺亜 「あなたこっち来て」

「ん?」

嶺亜 「ここ、膝の上のって?」

「うん、、?」

嶺亜 「はい、ぎゅー」

「えっと、、////」

嶺亜 「今日も可愛いね」

「れいあくんは今日もかっこいいね」

嶺亜 「知ってる」

「んふふ」

嶺亜 「なんか映画見よ」

「いいよ〜 なにみたい?」

嶺亜 「えぇ〜そうだな、ホラーとか?ニヤ」

「う、うん、、」

嶺亜 「なに?こわいの?やめる?」

「いや、、れいあくん見たいなら大丈夫、、」

嶺亜 「そう?じゃあ始めるね」

ーーーー 鑑賞中 ーーーー

「ん、、ビクッ こ、こわぁ、、(小声)」

嶺亜 「やっぱ怖いんでしょ?笑」

「こわくないもん、、」

嶺亜 「ほら、手繋ご?マシになるんじゃない?」

「うん、、泣」

嶺亜 「あ〜ほら泣かないの!おいで、」

ぎゅっ

「ありがとうぅ、、泣」

嶺亜 「ん、」

ちゅっ

嶺亜 「もう映画やめよっか、ごめんね」

「ううん、、ごめんね、」

嶺亜 「はい!ほらいいからイチャイチャしよ?」

「うん、、////」


end