無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

110
2021/05/09

第4話

3話
教室なう
(なまえ)
あなた
(はいあなたの下の名前私彩登さんとさっきからチラチラ目が合います)
(なまえ)
あなた
(ちょっと怖いです)
(なまえ)
あなた
(いや!私が彩登さんのこと見てるのも悪いけどさ?!)
(なまえ)
あなた
うっ…
(なまえ)
あなた
(ねぇ!待って待って!1日に2回も来るの?!)
(なまえ)
あなた
せ、先生~体調悪いので保健室行ってきます…
先生~
先生~
うーんあと5分だから我慢してくれ
(なまえ)
あなた
((°д°)ふぁ!?まじですか?!先生 鬼畜やん)
5分後
モブ
気おつけ〜礼〜ありがとうございました〜
高校の挨拶こんなのか知らないのですいません*_ _)
(なまえ)
あなた
(し、死にそう…)
(なまえ)
あなた
ほ、保健室行ってきます…
美咲
美咲
あなたの下の名前!大丈夫?!
(なまえ)
あなた
む、むり…
。。。(lll __ __)バタッ
(なまえ)
あなた
(そこで私の意識が途切れた)
彩登siten
。。。(lll __ __)バタッ
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(さっきのあなたの下の名前っていう女の子が倒れた)
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(あなたの下の名前ちゃんの周りには街灯に群がるユスリカを連想させる)
美咲
美咲
だ、誰か!力持ちの方!あなたの下の名前を保健室まで連れてって下さい!
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(みんなの視線が一気に俺に集まる)
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
っはぁーいいよ 連れてってやる
美咲
美咲
!ありがとうございます!
ヒョイ
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
っはあ?軽っる!
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
んじゃ行ってきます
(なまえ)
あなた
うぅ…あぁ…
保健室とーちゃく
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
先生〜この子が倒れちゃいました〜
保健室の先生
保健室の先生
!あらあら…とりあえずベッドに置いておいてちょうだい
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(戻っていいかな?)
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
先生帰っていいですか?
保健室の先生
保健室の先生
ちょっと待っててちょうだい
ピピピ
保健室の先生
保健室の先生
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
?どうしました?
保健室の先生
保健室の先生
38.4度…高いわね
彩登くん あなたの下の名前ちゃん病院まで連れてってげられないかしら?
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
ええ!?
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
お、俺がですか?
保健室の先生
保健室の先生
ええ、先生には連絡しておくわ
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
は、はぁ
保健室の先生
保健室の先生
荷物は持って来て貰うわ
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
わ、分かりました
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)
Leika(作者)
Leika(作者)
本当に!変なとこで切ってごめんなさいm(_ _)m
後で出すので許して下さい