無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

135
2021/05/08

第3話

2話
お昼休み




屋上



美咲
美咲
(なまえ:名前)あなたの下の名前
(なまえ)
あなた
んああ!何?
美咲
美咲
いや全然話聞いてないしずっとさーくんの事目で追いかけてるし
さーくんな彩登のあだ名ですby作者
(なまえ)
あなた
そ、そうだった?
美咲
美咲
うん
美咲
美咲
本当に好きなんだね〜
(なまえ)
あなた
ば、バカ!言うなし
美咲
美咲
あはは(´∀`)ごめんごめんww
美咲
美咲
けどさ、どうすんの?
(なまえ)
あなた
ど、どうするって言われても…
美咲
美咲
いや告白とかしないの?
(なまえ)
あなた
ブーーーーッ
(なまえ)
あなた
す、する訳ないじゃん!
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
何がするわけないんだ?
(なまえ)
あなた
うわああぁぁ!
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
そんな叫ばなくても…
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…
美咲
美咲
あっ!私用事思い出したから先行ってるね!
(なまえ)
あなた
えっ!ちょっと…ってもう居ない…
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
そんな俺と居るの嫌だった?
(なまえ)
あなた
いぇいぇ!そんな訳ないですよ!
(なまえ)
あなた
(ど、どうするあなたの下の名前。逃げるか?)
(なまえ)
あなた
(いや…逃げたらどうなる事か)
(なまえ)
あなた
(けど逃げないと私と心臓が持たない…)
彩登siten
(なまえ)
あなた
むむむむむ…
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(なんか目の前の女の子が唸ってる)
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
おい どうしたんだ?
(なまえ)
あなた
( *'ω')ファッ!?な、なんですか?
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
( *'ω')ファッ!?ってww可愛いなおい!
(なまえ)
あなた
ゴフッ(  ゚ཫ ゚)ゴフッ
あなたの下の名前siten
(なまえ)
あなた
(はい私今吐血しました)
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
え?
(なまえ)
あなた
(いや!何がえ?だよ!もうちょいさ!あたふたしてくれてもいいじゃん)
(なまえ)
あなた
す、すみません
(なまえ)
あなた
タオルとか拭ける物持って来てくれないですか?
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
(ノ´・ω・)ノホイ雑巾
(なまえ)
あなた
ありがとうございます!
(((ロ(・ω・*)
(なまえ)
あなた
(*´・ω・`)=3終わった
桃原 彩登(モモハラ サト)
桃原 彩登(モモハラ サト)
その、さ いm
キーンコーンカーンコーン
(なまえ)
あなた
あっ!行かなきゃ!また後で会いましょう!
(なまえ)
あなた
(逃げてきちゃった…一緒に来れば良かったのに…)
(なまえ)
あなた
(はぁ〜バカだな私って)
✄------キリトリ------✄