第5話

📖 "
188
2024/02/11 00:55









" Huening "
" Huening "
   ッ 、… ふぁ 、??   







目を開けると見覚えのある天井 ……

だけど僕の家の天井ではないことは確か 。







そう 、スビン先生の家だ ……

周りを見渡すが 、先生はいない 。







まぁ 、逃げたくても 腰が痛すぎて

動けないのがオチなんだけどね ……







" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   おはよう 、今日は何時もより   
早く起きたんだね ㅎ
" Huening "
" Huening "
   ッ 、………   







ベッドのサイドテーブルの上にある

時計を見ると 、19時30分過ぎだった 。







" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   ヒュニンアはほんとに俺の事 、 
嫌いだよね ☺️







急に話しかけられて何だと思ったら

そんな事ね ……







" Huening "
" Huening "
   ……………   



































" Huening "
" Huening "
   当たり前じゃん … ッ 、 
" Huening "
" Huening "
   好きでもない奴に無理矢理
犯されて流れではい好きです
だなんて ……
" Huening "
" Huening "
   普通はならないでしょ ……   




" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   ふ〜ん 、じゃあ … 先生が無理矢理   
襲わなければ … 好きになって 、
くれるって事 … ? ㅎ




" Huening "
" Huening "
   ま 、まぁ … 印象は 、
少し 変わるじゃない ……




" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   じゃあさ暫く  、ヒュニンアには   
関わらないからさ ……
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   その後はなんかご褒美頂戴よ  ㅎ   




" Huening "
" Huening "
   勝手に物事進めんな  、 
自己中野郎が ッ …
" Huening "
" Huening "
   僕がじゃあやろうって言うと   
思ったかよ ッッ ……




" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   君を俺はあれだけ毎日犯し  
続けたんだ … ㅎ
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   一日離れるだけで  、君の身体
は限界ですぐ壊れるよ … ㅎㅎ





" Huening "
" Huening "
   ッッ  、そんな訳  …  嫌いな奴の元   
になんか行く訳ねぇだろ ッ …





" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   ほう  、じゃあ明日からは君に   
近づかないよ ? ㅎ
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   君がどれだけ抱いてってお願い   
しても抱いてあげないよ ? ㅎ





" Huening "
" Huening "
   ッ  いいよ  、やっと嫌いな奴
から解放されて超絶ラッキーだわ … !





" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   その勢い  、何時まで続くかな〜  ㅎ   





" Huening "
" Huening "
   ~~~~~~  ッッ ! 💢   







この余裕そうな顔 、腹立つー ッッ !!

テメーの望み通りには行かねーよ ッ !!







" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   じゃあ君の家に送るよ  、 
準備してね ……





" Huening "
" Huening "
   ん  ッ  ………   







早くこの家から出たくて腰痛に

耐えながら 身支度を済ませる 。







" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   随分と準備早いね  、そんなに   
先生の家は居心地悪い ? ㅎ




" Huening "
" Huening "
   嫌いな人の家になんか一秒
でも居たくないからさ (*^^*)




" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   ふは  ㅎ   そうかそうか  、 
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   じゃあいつかヒュニンアを堕とせる   
様に先生 、頑張ろうかな ♡‬







スビン先生は指で僕の顎を掬い 、

至近距離で僕にそう言った 。







" Huening "
" Huening "
   ッッ  、ぜってー好きになんか   
ならないし ッ …… ///





" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
   今はそうでも絶対先生を好きに   
させてみせるから …… ㅎ





" Huening "
" Huening "
   ばっかみたい  ッ  ……  ///   







その後 、スビン先生に家まで

車で送ってもらい家へ入るとバヒエに

帰りが遅すぎると怒鳴られてしまった ㅎ







- to be continued -


プリ小説オーディオドラマ