第2話

📖 "
267
2024/01/30 05:32










- Huening -









" Bahie "
" Bahie "
  オッパ! 起きて〜! 
" Huening "
" Huening "
  う〜ん … 後少しだけ〜 … zZ  
" Bahie "
" Bahie "
  もう …  スーーーーー  ……  
" Bahie "
" Bahie "
  起きろー ッ!! 
" Huening "
" Huening "
  ん"わぁあ ッ! ガタン ッ ……! 










妹のバヒエに大きい声で叩き起される 。

僕はそれにびっくりしてベッドから落ちるし …









" Huening "
" Huening "
  大きい声出さないでよ〜 ……  
" Bahie "
" Bahie "
  オッパが起きないからでしょ! 
" Huening "
" Huening "
  今日は学校休む〜 ……  
" Bahie "
" Bahie "
  ただでさえ 、出席日数足りてないのに  
何言ってるの ッ …!
" Bahie "
" Bahie "
  早く起きる  起きる ッ …! 










バヒエはお眠の僕の腕を無理矢理

引いて机の上に朝ご飯が置いてある方に

座らせてくれる 。










両親はどっちも俺が中学の時に他界して 、

そこから小学校6年の時からバヒエが全部

家事をしてくれてる 。









バヒエが作ったご飯を食べて 、

だるい身体で学校へと行った 。









" Taehyung "
" Taehyung "
  おはよう〜 、ヒュニンア (*^^*)  
" Huening "
" Huening "
  ぁ 、ヒョン ッ  おはようです (*^^*)  
" Taehyung "
" Taehyung "
  寝癖直してないの … ? ㅎ  
" Taehyung "
" Taehyung "
  すごい事になってるよ ㅎㅎ  










ヒョンが僕の跳ねた髪を直そうと

触れる瞬間に誰かが僕を後ろから包んだ 。









" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
  二人ともおはよう ㅎ  
" Taehyung "
" Taehyung "
  あ〜 …… おはようです (*^^*)  
" Huening "
" Huening "
  おはよう …… ございます 、










抱きしめてきたのは僕の高校生活を

壊した張本人である 、チェ・スビン先生 。










僕のクラスの担任でもある 。

僕はスビン先生に気に入られてるけど ……










僕は苦手よりの嫌いの先生です 。← 笑









" Huening "
" Huening "
  あの 、そろそろ離れてもらっても … ? //  
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
  ん〜  嫌かな ♡  
" Huening "
" Huening "
  ぅ" ~~ … 離してください ッ … //  
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
  じゃあ … 放課後ちゃんと何時もの  
場所に来てくれるなら離すよ ? ♡
" Huening "
" Huening "
  ~~~~ ッ " //  
" Huening "
" Huening "
  わ 、分かりましたよ ッ … //  
" Huening "
" Huening "
  ぃき 、ますよ … ッ //  
" Soo-Bin "
" Soo-Bin "
  ふふ ㅎ 、良い子だね ♡  
ナデナデ… ♡"
" Huening "
" Huening "
  …… ッ //  










耳元でそんな吐息混じりに囁かれて

耳がくすぐったい 。










ここまでくるとスビン先生は

しつこくて止められない 。










やっとの事で スビン先生から解放され 、

重い空気が消えてホッとする 。









" Taehyung "
" Taehyung "
  相変わず 、お気にだね ♡  
" Huening "
" Huening "
  や 、やめてくださいよ … //  
" Taehyung "
" Taehyung "
  この学校一教師でモテるあのスビン先生  
に好かれてるなんて幸せ者じゃん ㅎㅎ
" Huening "
" Huening "
  僕は 、あの先生  嫌いなの ッ …!//  
" Taehyung "
" Taehyung "
  そう言ってほんとは気になってたり … ㅎ  
" Huening "
" Huening "
  もうヒョンも嫌いになるよ ッ … ?! //  
" Taehyung "
" Taehyung "
  ごめんてヒュニンア … ㅎ  
" Huening "
" Huening "
(  楽しそうだな … ムス 、)










その後 、チャイムが鳴り僕とヒョン

は別れて各クラスの教室に戻った 。










- to be continued -


プリ小説オーディオドラマ