無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

キミノコエ
.

You side

you
ありがとうございました



都内にある小さなパン屋

そこで私は働いている。


店員は…

私ひとり。



1度は諦めかけた夢だったけど

ナムくんに背中を押されて

本当に小さいけど自分の店を持った。



世界中を飛び回るナムくんと

日本でパンを焼いている私。



ナム君が疲れた時に

私に甘えられるように

絶対に日本から離れることは無い。



日本よりもプライベートがない韓国。

ナムジュン
次の休暇で会いに行くから待っててね


その一言で私は

何ヶ月でも楽しみに待っていられる。



you
いらっしゃいませ



私がナムくんの恋人に相応しいかは分からないけど


you
このロールパン、おすすめですよ?



ナムくんが私を必要としている限り



you
ふふ、米粉のパンもあるので是非



私は彼の帰る場所になる。





~♪

あ、この曲ばんたんだ!
you
ファンの方ですか?
はい!グクが好きです!!
グク、グク、、、あ、ジョングクさん!
you
そうなんですね
お姉さんは?
you
お姉さんは誰か好きな人いないんですか?



私は…



you
ナムジュンが好きです
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡