無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Episode02ジョンハン
はぁ、疲れた.......

仕事多すぎ.....................

早く、早くあなたに会いたい、


マジであなた不足
ピンポーン
あなた
あなた
はーい!
ジョンハン
ジョンハン
ただいま
あなた
あなた
オッパ!!!おかえり
あなた
あなた
今日も一日お疲れ様!
その笑顔で全てが満たされる





この瞬間が1番の幸せ












でも、僕の彼女の可愛いところはさ




ピンポーン
あなた
あなた
..............
ジョンハン
ジョンハン
あれ?
仕方なく鍵を出して家に入る
リビングからはテレビの音、






気づかなかったのかな?






少し寂しくなった.......けど





次の瞬間疲れが吹っ飛んだ
静かだけど、規則正しい寝息
ジョンハン
ジョンハン
寝ちゃったのね笑笑
ジョンハン
ジョンハン
あなたー
ジョンハン
ジョンハン
ほんとに可愛んだから
あなた
あなた
んぅ〜ハニオッパ
ジョンハン
ジョンハン
そんな僕のことが好き?
あなた
あなた
んぅ〜オッパ
ジョンハン
ジョンハン
僕も好きだよ






可愛い寝顔、そんな気持ち良く寝てるんだな






でもさ、オッパはそこまで優しくないんだ









そんな格好して寝てるあなたが悪いのか、







不思議だ.......すっごく疲れてるのに





あなたを抱きたくて仕方ない







ジョンハン
ジョンハン
ごめんね
そう言ってあなたを抱き上げて寝室へ






服を脱がせば、起きるあなた
ジョンハン
ジョンハン
あ、おはよ
あなた
あなた
ん?オッパおかえり
あなた
あなた
寝ちゃってごめんね
今の状況にやっと気づいたのか.....................






顔を赤く染めて
あなた
あなた
す、するの?…///
ジョンハン
ジョンハン
うん、いや?
あなた
あなた
ううん…///  
あなた
あなた
オッパ.......
ジョンハン
ジョンハン
ん?
あなた
あなた
早くっ…///
はぁ、ほんとに可愛い








お出迎えしてくれるあなたも








可愛い寝顔で寝てるあなたも







オッパの疲れはあなたを見ればすぐに吹っ飛ぶんだよ








明日のあなたはどうかな?






家に帰るのが楽しみだよ






end