無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Episode01 スンチョル
100点、100点、100点、............. 53点

総合順位1位


あなた
あなた
1位.......
女子1  ねね、2組のあなたさんまた1位だって!!
女子2  嘘!高3のテストでもまた1位取り続けるんじゃない?
私勉強は出来るんです、今のところ1年生からずっと1位.......でも保健だけはね
スンチョル
スンチョル
あなた?
あなた
あなた
はい
スンチョル
スンチョル
ちょっといい?
あなた
あなた
あ、はい
ジョンハン
ジョンハン
あなた〜
あなた
あなた
はい?
ジョンハン
ジョンハン
テスト1位頑張ったな!大学からの話が来てるから後で職員室来て、スンチョル話早く終わらせろよ!
スンチョル
スンチョル
わかったわかった笑笑後でな
あなた
あなた
分かりました!
私はスンチョル先生のクラスの4組に来た
あなた
あなた
なんですか?
スンチョル
スンチョル
ここ座って
先生との距離がすごく近くて、あの綺麗な目を直視することが出来なくて下を向いてた
スンチョル
スンチョル
これ、
出したのは私のテストのコピーだった
スンチョル
スンチョル
53点か.......笑笑
あなた
あなた
あ、すみません
スンチョル
スンチョル
保健ってさ暗記科目だと思うし、そんなテストも難しく作ってるつもりもないんだけどな〜
正直いえば、スンチョル先生は去年から来て

前の先生の時は全教科満点だったけど、担当が変わってから保健はどんどん下がっていく一方になった
スンチョル
スンチョル
見てる限りさ、運動もできるし、テストだけなんだよな、
この先生は保健体育担当だ、
スンチョル
スンチョル
ねぇ?
急に先生が顔を覗き込んできて.......

頭が回らない
あなた
あなた
あ、は、はい、
スンチョル
スンチョル
先生の授業分かりづらい?
すごく申し訳なさそうに聞くその顔

少し落ち込んでるその声、

私のテストを残念そうに見るその目
















好きなんだ全部、あの日から

サッカー部の顧問で、イケメン、高身長、綺麗な顔立ち、可愛い笑い声、キラキラした目
仕草、分け隔てなく優しい所、生徒思いな所


こんなに誰かのことを思ったことは無いし、
これからもないんだろうな、生徒と教師

届きそうで届かない、届いちゃいけないもどかしさ、

成人と未成年....... ダメなものはダメだよね、

分かってるけど、やっぱりあなたが好き
あなた
あなた
ごめんなさい、次のテストは頑張りますから
距離を置いて、バレないように、踏み入れられないように、今日もあなたを避けるように出口に向かう
グイッ
スンチョル
スンチョル
ねぇ、それ三回目ね笑笑
スンチョル
スンチョル
今日は補習しようか
あなた
あなた
ジョンハン先生が待ってるので.......
私はそっと先生の腕を解いた
スンチョル
スンチョル
あ、ごめん
あなた
あなた
大丈夫です。次はしっかりとるので点数
スンチョル
スンチョル
明日の放課後、部活終わったら、ここで待ってて、補習だから、ね?
あなた
あなた
え、.......はい。
2人きりとか無理だから.......


さっき掴まれた腕の感覚がまだ残ってる


でも.......ほんのちょっと楽しみかもしれない



明日の放課後、ここで.......か、


明日まで.......待てないな、



こんなにも、先生が好きだって思いもしなかった。



先生、明日はゆっくり来てください



窓から先生の部活中の姿を長く眺めてたいから



私が一目惚れした姿を1秒でも長く


胸に収めておきたいから








つづく