無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

Episode07スンチョルday
8月8日は彼の誕生日

ここら辺になってくるとやっぱり夏祭りの話題で持ち切りになる

懐かしいな.......

高校3年生の夏祭り

私達は元々幼馴染みで毎年のように花火大会に行ってたけど

その年は違った、初めて恋人になってからの花火大会だったから、

ぎこちなく手を繋いで、いつもいたはずなのにドキドキが止まらなくて、すごく甘酸っぱい夏の夜だった

あなた
あなた
ねぇーすんちょら
スンチョル
スンチョル
ん?
あなた
あなた
あのセリフ覚えてる?笑
スンチョル
スンチョル
いつの?
あなた
あなた
高3の花火大会
なんて言うと、顔を真っ赤にして
両手で顔を覆う、すんちょる


照れちょるですね、

スンチョル
スンチョル
俺さ、黒歴史だよなあれは
あなた
あなた
でもさ、その時はすっごいかっこよく見えたけどね笑
スンチョル
スンチョル
あの時だけかよ笑
あの日、2人で場所取りをしたところで

初めてキスをした

その時に彼が私にこう言ったんだよね

「あなたの初めて全部俺がいい」

「俺のもあげるから全部下さい」って
あなた
あなた
それでその夜〜❤
スンチョル
スンチョル
うるせーよ…///
そんな時もあったななんて、
缶チューハイ片手に、彼の方にもたれて呟いた
あなた
あなた
まさか、両思いとは思わなかったな
スンチョル
スンチョル
俺も
なんて言いつつ、ビール片手に私の頭にこてっともたれる彼
あなた
あなた
ほんとにあの時さ、青春してたな
スンチョルモテてたし、めっちゃ泣いてたわ笑
スンチョル
スンチョル
そうだったの?
そうやって見つめる彼の瞳がほんとに優しくて、好きだななんて
あなた
あなた
ずっとかっこいいとしか思ってなかったよ
スンチョル
スンチョル
今も?
あなた
あなた
うん、ほんとに好きだよ
なんでかな、今日こんなにも甘い言葉がどんどん出てくるのは
スンチョル
スンチョル
俺もさ、友達であなたのことが好きってやつのこと必至で説得してたわ笑
あなた
あなた
それ、はにから聞いた笑
スンチョル
スンチョル
うそ笑
7年前の私達はほんとに初々しくて、あどけなくて、お互いのことが好きでたまらなかったな
スンチョル
スンチョル
ちょうど、7年前の今日だね
あなた
あなた
覚えてたの?
スンチョル
スンチョル
うん、そりゃね
あなた
あなた
生まれてきてくれてありがとう
そう言いながら、食べかけのホールケーキを見つめてた
スンチョル
スンチョル
いつもはそんなこと言わないのにね
あなた
あなた
思ってるよいつも
あなた
あなた
こんな私を好きになってくれてありがと
あなた
あなた
私さ、ほんとに好きでしょうがないのあの日からずっと…///
スンチョル
スンチョル
っ…///ほんとに可愛すぎ
そう言って、私のお酒を取上げてそのままキスされる

スンチョル
スンチョル
んっ、はぁ、
あなた
あなた
んっ、はぁっ、
スンチョル
スンチョル
あなた
あなた
あなた
ん?
スンチョル
スンチョル
俺と結婚してくれませんか?
スンチョル
スンチョル
一生これでもかってくらい愛するから
あなた
あなた
お願いします。
沢山甘やかしてね?笑
スンチョル
スンチョル
もちろん溺愛するよ
ヒューーーーウ、ドンッッ
あなた
あなた
あ、花火
スンチョル
スンチョル
ほんとだ
しばらく2人で花火を眺めてたけど、私は彼の横顔だけをずっと見つめてた
あなた
あなた
お誕生日おめでとう、愛してるよ
ちゅっ
スンチョル
スンチョル
っ…///
あなた
あなた
プレゼント後で渡すから!
スンチョル
スンチョル
もぉー
スンチョル
スンチョル
俺はあなたで十分なのにっ!
そうやって私のことを抱きしめる彼
すごいね、7年前の今日、私達は初めてをあげあって

今、幼馴染みから、恋人へ

恋人から、夫婦へと


私の願いは、ただ隣であなたの優しい横顔を見つめることかな


十分すぎるくらいの幸せだよ


これからも、愛してるよ


end





スンチョル〜〜

センイルチュッカヘヨ❤

うりりーだー、いつもみんなを見つめるその目はほんとに優しくて、どこまでもメンバー思いで優しくて、強くて、素敵な人
これからも、あなたが沢山輝けますように
あなたにとって、笑顔が絶えず、幸せに包まれる1年になりますように❤

ずっと応援してます!で会えてよかった生まれてきてくれてありがとう😊