無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

210
2021/10/13

第12話

love 9.


西畑side


あの夜に出会う前からあなたのことは知ってた。
学校も家も親かよってくらい。
家庭の事情も何もかも調べ上げた。
…… まぁ家出すんのは予想外やったけど。
半年前にバイトしてたとき、学校の行事で外を歩いてた高校生の中にあなたちゃんはおった。
一目惚れだった。
その後は … んま、多分君らが思ってる通りやない?
そんなこともあってか俺の部屋は壁にあなたちゃんの写真。中には写真を引き伸ばしてポスターにもしたし。
アイドルヲタクみたいな部屋してる。笑
今はグズグズに溶けちゃうくらい優しくしまくって、、俺から離れられへんよーにする。


コンコン



あなた「 西畑さん、 」

  「 怖い夢 、… 見ちゃったから … その、 」

ガチャ


西畑『 一緒に寝て、やろ、? 』


そうやって言うと君は、


あなた「 うんっ、! 」


目を細めて笑顔で抱き着いてくるんや。