無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

421
2021/09/18

第2話

love 1.


机の上に置かれた500円玉。
お母さんは男の人に会いに行ってお父さんは、、知らない。
親からしたら私は空気、とか要らないもの。
友達もいないし。


あなた「いっそのこと死にたい、なぁ」

  「まぁ無理か、怖いし」


今は夜中の2時。
この時間帯に私服でどっか人気のない所でも行こうかな
思い立った私は家から5キロくらい離れた公園に散歩がてら行った。
こんな時間に家を出ることは普段ないからすごく新鮮で。
星も綺麗に見えて。
キラキラした世界で生きていたかったな、って思いが頭をよぎる。
まぁそんなこと考えるだけ無駄だけど。
そう思ってたら声を掛けられた。


『おねーさんこんな時間にどしたん?』