無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

37
2021/07/31

第2話

行きたくない
       

        「行きたくない」
     








                          ゴールデンウィーク明けの朝、まだ覚めない頭で漠然とそう思った。



起きても動かない私を不信に思ったのか母が声をかけてきた






     「大丈夫?どうしたの?」







学校に行きたくない……そう伝えると母はビックリしてとりあえずご飯を食べるように言った。

    






皆にもあるのかもしれない、連休明けの学校に行きたくない気持ちは、でもいつもならその時だけの気持ちが
     










         





         3年間続いた……