無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

手に入れたいものは ……。
あなた

せ、先輩 !!
私 … 寝てました ??

浅谷
寝顔 …💓
待受画面に変えよっかな 〰️🌠
あなた

え !!!
それは勘弁してください !!!

浅谷
嘘だって (笑)

2人はまるで …

恋人のような笑顔と仲良しさ

だった ……。

俺が見てるとも …

決して知らずに 。。

李里
恒樹 !!
盗み聞きとかは ー
柄に合わないよ 💓😂😁
恒樹
……。
李里
え、あの2人 ……。
恒樹
先…行く 。

俺は咄嗟に強がった 。

あの2人を見ていると …

胸が苦しくて 、

はち切れそうだった 😵😭

李里
恒樹 !
強がんないで良い …。
恒樹は恒樹で居れば良い …。
泣きたいときは
泣けば良いじゃん !!!
恒樹
バカ 、
恒樹
お前には分からねーよ!
李里
ちょ、。
大揮
恒樹 !
私情で態度を変えたり、
人に当たるのは良くない。
愧流
それは俺も思う。
東馬
俺も。

分かってる 。

分かってる 。

分かってる 。

分かってる 。















でも、














































































俺のこのイライラはだれにも止められない。






恒樹
分かってるっつーの !!
それより邪魔 。
道開けてくれないと 、
目的地にたどり着けない。
愧流
おい、その口の聞き方は ……。
恒樹
うっせーな 😠💦💦
バカは黙ってろ ……。
愧流
は ??
お前 ……。
大揮
恒樹 !!
今のは流石に良くない。
恒樹
意気地無しは黙ってろ …!!
李里
いくらなんでも …
酷すぎる。
恒樹
ぶりっこは黙ってろ。
東馬
おい、
恒樹
なんだよ 。
東馬
意気地無し 。
恒樹
は ??
それは大揮だろ !!!
東馬
お前もじゃねーか 。
恒樹
は ???
東馬
俺が言わなきゃ 、
知らなかったくせに …。
東馬
あなたが浅谷先輩のこと …
好きだって 。
恒樹
は ?? 
おい、それは …。
東馬
俺も好き勝手言って良いよな ??
約束破ったのそっちだし …、
俺の友達には意気地無しも …
ぶりっこも…バカも居ないから。
恒樹
は ???
急になんだよ !!
東馬
お前のやり方は相当汚いぞ ??
浅谷先輩にばっかり …
当たってるけど 。💦
1番汚すぎる 。
恒樹
は?
李里
約束…って何 。
愧流
約束ってなんだよ !!
恒樹
言うな !!
東馬
お前が破ったからには …
友達傷つけたからには …
それぐらい言っても …
罪はないと思うから 。 言うわ。
恒樹
おい、やめろ !!!
大揮
話して …。
東馬
俺が恒樹と出会った日 …
好きなことには真っ直ぐ !
汚い手を使わない 。
友達には私情で傷つけない !
この3原則を約束したのにな ???
恒樹
まぁ、おう。
東馬
5年でギブかよ。
大揮
ごめん、
あっち行ってくる。
恒樹
ごめん ……。
李里
私も。
愧流
俺も。
恒樹
何で ??????
大揮
お前が言ったんだろ ???
邪魔だって。
東馬
ほら、
私情で傷つけると
こうなるからって約束なのに……。
李里
ごめん、
絶望した。
大揮
そんな風に思ってたんだな。
愧流
バカでごめんな。
でも、真面目すぎるの嫌い。
東馬
じゃあな !!!
愧流
またな。
大揮
明日。
恒樹
おい …。
何でなんだよ …。
凛花
どうしたの ???
恒樹
先輩 !!!
凛花
あなたなら浅谷と居たけど …。
恒樹
浅谷先輩はあなたのこと …
好きなんですか ???
凛花
そりゃな (笑)
学校で自慢してるぐらいだし ???
恒樹
そっか。
凛花
浅谷が努力してないのに …
あなたを手に入れたって …
思ってるかもだけど誤解だよ 💦💦
浅谷はあなたから最初は
避けられてたし ……。
恒樹
何で ……。
凛花
体操が凄すぎて 、
近づけなくてって言ってた (笑)
恒樹
マジっすか (笑)
凛花
まだ 、
チャンスはあるかもよ ???
恒樹
そんなこと …。
凛花
早く !!
決意と覚悟ないと !!!
恒樹
ありがとうございます ✨
凛花
またね !!!
恒樹
はい 。

それから …。

浅谷
あなたちゃん !!!
あなた

ん ???

浅谷
俺の傍に居て ???💓💦
あなた

ん …。

浅谷
ダメ ???
あなた

良いですよ 😂💓

浅谷
ならさ、
呼び捨てにするな !!
あなた

慣れないですね 〰️🌠😳

浅谷
いつかは…
あなたも ……??💓
あなた

バカ 、
黙っててください (笑)











































幸せになるのに水がいるなら ……
僕はそれより下の支える ……
土になりたい。